宋隠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宋 隠(そう いん、生没年不詳)は、中国後燕から北魏にかけての政治家は処黙。本貫西河郡介休県

経歴[編集]

前燕の尚書・徐州刺史の宋恭の子として生まれた。後燕の慕容垂に仕え、尚書郎・太子中舎人・本州別駕を歴任した。北魏の道武帝が中山を平定すると、宋隠は尚書吏部郎に任ぜられた。道武帝が北に帰ると、宋隠は本官のまま衛王拓跋儀が中山に駐屯するのを補佐した。まもなく行台右丞に転じた。たびたび老いと病いを理由に引退を願い出たが、道武帝は許さなかった。母が死去すると、服喪を理由に故郷に帰った。母を葬ると、召喚されたが、病を理由に固辞した。州郡がしつこく出仕を求めてきたため、宋隠は妻子を捨てて逃亡した。数年後に死去した。

子女[編集]

五子があった。

  • 宋温(第三子、中書博士)
  • 宋演(明威将軍・済北郡太守)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻三十三 列伝第二十一
  • 北史』巻二十六 列伝第十四