完全性 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

完全性

インテグリティ[編集]

もともとの由来からの「インテグリティ(完全性)」。

数学[編集]

数学の各種の文脈において、様々な対象がそれぞれの意味において「完全である」と言われる。

totalness
completeness
exactness
perfectness
fullness
  • 全変換半群英語版: 変換半群英語版(変換モノイド)が、(特定の)変換からなる半群を指す場合にも用いられる場合、特にすべての変換からなるものを指していることを明示するために、(完)全変換半群と呼ぶことがある。
  • 全線型環: 全ての線型変換からなる多元環。ある種の(一般には無限次元の)行列環とみることができる。全自己準同型環も参照。

計算機科学[編集]

  • 計算量理論において、クラス C かつ C-困難に属するような問題は、クラス C の完全問題あるいは C-完全であるという。NP完全問題などを参照。

人文科学・自然科学[編集]

  • 世界遺産の登録審査にあたり、「顕著な普遍的価値」を証明する必要があり、その際の評価指針として「integrity(完全性)」の有無を求める[1]。ここでの完全性は、必要な要素が全て揃っていることを指す。具体的には、対象となる構成資産の数、特長を伝えるための大きさ(広さ)、自然環境の状態、それらを保全するための周辺環境(開発が及んでいない)、それらを保護する法的根拠など。

脚注[編集]

  1. ^ 世界遺産条約履行のための作業指針「完全性及び/又は真正性 」 - 文化庁