宍戸就延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
宍戸就延
時代 江戸時代中期
生誕 寛永20年(1643年
死没 享保7年(1722年
別名 宍戸隆道、宍戸就宗
通称:八助、修理、備前、志摩、丹波、主計
主君 毛利綱広吉就吉広吉元
長州藩
氏族 桓武平氏国香流熊谷氏藤原北家道兼流八田氏族宍戸氏
父母 父:熊谷元実、母:杉重政の娘
兄弟 宍戸就附、熊谷就実、宍戸就延
正室:毛利就泰の娘
養子:広隆

宍戸 就延(ししど なりのぶ)は、江戸時代前期の武士毛利氏家臣で長州藩家老宍戸氏第18代当主。父は熊谷元実。祖父は宍戸広匡。母は杉重政の娘。兄は宍戸就附、熊谷就実。正室は阿川毛利家当主・毛利就泰の娘。養子に宍戸広隆

生涯[編集]

寛永20年(1643年毛利氏家臣・熊谷元実の子として生まれる。延宝4年(1676年)、実兄である宍戸就附の死去によりその家督を相続し、三丘領主、長州藩の一門家老となった。

天和2年(1682年)の朝鮮通信使来朝の際には、赤間関で接待役を務めた。宝永元年(1704年幕府より江戸城普請助役を命じられ、普請惣奉行を務める。

正徳5年(1715年)、万役山事件により長州藩と支藩の徳山藩が対立し、翌正徳6年(1716年)に特使として徳山藩に派遣され、藩主毛利元次の説得にあたるも、長州藩側の意向を尋ねる元次に対して「よくお考えください」と述べるだけで要領を得なかったため不調に終わる。

享保7年(1722年)に死去。享年80。家督は実兄・熊谷就実の子である広隆が相続した。

参考文献[編集]