宍道湖大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
島根県道37号標識
宍道湖大橋
Shinjiko Ohashi Blidge.JPG
宍道湖大橋、下流の松江大橋より
所在地 日本の旗 日本
松江市
宍道湖
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

宍道湖大橋(しんじこおおはし)は、島根県松江市を流れる大橋川の最も宍道湖側に架かっている道路橋である。かつては島根県が管理していた有料道路だった。また、島根県道37号松江鹿島美保関線の一部である。

沿革[編集]

  • 1972年7月1日 開通[1]。大橋川の南側に料金所があった。普通乗用車は1回50円。
  • 1981年7月1日 無料化。島根県道37号松江鹿島美保関線の一部区間になった。
  • 2002年7月30日 道路幅が拡幅(4車線化)[2]

朝夕の渋滞[編集]

橋の付近は、朝夕はよく渋滞する。近くにあるNHK松江放送局のカメラで、この橋の様子が捉えられている。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]