宍野半

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宍野 半(ししの なかば、1844年10月20日弘化元年9月9日) - 1884年明治17年)5月13日)は、富士講諸派を結集した教派神道の一派である扶桑教の初代管長で、扶桑教の設立に尽くした日本の宗教家、国学者

薩摩国隈之城(現鹿児島県薩摩川内市隈之城町)の郷士の家に生まれた。25歳で平田鐵胤国学を学ぶ[1]

教部省に勤める。後に大教院の大講義も務めた[1]駿河国富士郡(現・富士宮市)の浅間神社(現在の富士山本宮浅間大社)の官選初代宮司山梨県北口の浅間神社(現在の北口本宮冨士浅間神社)の社司を兼務[2]。富士講諸派を結集し扶桑教を設立[1]。1879年(明治12年)には神道事務局会計課長[3]

皇典講究所創立にも尽力し、「皇典講究所創設告文」を連名で著した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 井上順孝ほか編 1996, p. 461.
  2. ^ 菅田 1985, pp. 162-163.
  3. ^ 井上順孝 1991, p. 37.

参考文献[編集]

  • 井上順孝 『教派神道の形成』 弘文堂1991年4月。ISBN 978-4335160219。
  • 井上順孝ほか編 『新宗教教団・人物事典』 弘文堂、1996年1月。ISBN 978-4335160288。
  • 菅田, 正昭 『古神道は甦る』 たま出版1985年。ISBN 4884811321。(文庫:1994年。ISBN 4886924603。)

関連項目[編集]