宗休寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宗休寺
Soukyuji Seki05.jpg
本堂(市指定有形文化財)
所在地 岐阜県関市西日吉町35
位置 北緯35度29分21.76秒
東経136度54分54.61秒
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来善光寺如来
創建年 1753年宝暦3年)
別称 関善光寺
札所等 美濃四国21番
文化財 梵鐘(岐阜県重要文化財)
法人番号 9200005007730
テンプレートを表示

宗休寺(そうきゅうじ)は、岐阜県関市にある天台宗寺院である。通称を「関善光寺」といい、正式名称より通称で呼ばれることが多い。本尊阿弥陀如来善光寺如来)。美濃四国第二十一番。安桜山の麓に位置し、桜、紅葉(サザンカツツジ)の名所である。

沿革[編集]

1753年宝暦3年)、美濃国武儀郡関村の庄屋広瀬新太郎が創建[1]

1798年寛政10年)、善光寺別当の等順によって宗休寺にて信州善光寺の出開帳が行なわれる[2]。これが縁となり、上野東叡山寛永寺住職の(輪王寺門跡)の公澄法親王から拝領した善光寺如来を安置、善光寺を模した本堂、戒壇が建てられることとなり、1818年文政元年)に建立された。

境内[編集]

  • 本堂 - 製の善光寺如来像を本尊として安置する。堂の下には戒壇があり、日本で唯一の卍型の戒壇である。2015年ラグビー日本代表の五郎丸歩選手のルーティンとされるポーズに似ているとして、住職自らフェイスブックに取り上げたことで参拝者が増えるなど話題となった[3]
  • 大仏殿 - 旧本堂で、丈六[4]の木造阿弥陀如来坐像及び両脇侍坐像が安置されている。これらの像は、元々中尊寺にあり、泉倉寺(現千葉県)を経て宗休寺に伝わったという。

文化財[編集]

岐阜県重要文化財[編集]

  • 梵鐘[5]時代の作。重さ2.5t。「大明嘉靖庚子歳製」1530年の銘がある。

関市指定有形文化財[編集]

建造物[6]
  • 本堂
  • 大仏殿
絵画工芸品等

所在地[編集]

  • 岐阜県関市西日吉町35

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 牛山佳幸 (2016年9月21日). 善光寺の歴史と信仰. 法藏館. 
  2. ^ 牛山佳幸 (2016年9月21日). 善光寺の歴史と信仰. 法藏館. 
  3. ^ http://www.47news.jp/smp/CN/201511/CN2015112101000922.html
  4. ^ 丈六とは仏像の大きさを指し、立像で一丈六尺(約4.8メートル)、坐像の場合はその半分程度の高さの像である。
  5. ^ 岐阜県ホームページ(文化財)
  6. ^ 関市ホームページ(文化財・建造物)
  7. ^ 関市ホームページ(文化財・絵画工芸品等)