宗佐厄神八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宗佐厄神八幡神社
Sousayakujin-hachiman-jinja Kakogawa Hogo pref08s3.jpg
外拝殿(正面)
所在地 兵庫県加古川市八幡町野村580
位置 北緯34度47分3.7秒
東経134度55分25.3秒
座標: 北緯34度47分3.7秒 東経134度55分25.3秒
主祭神 品陀別命
息長足媛命
仲姫命
社格郷社
創建 天平感宝元年(749年)
本殿の様式 入母屋造
別名 宗佐の厄神さん(通称)
例祭 秋祭(10月上旬)
主な神事 厄除大祭(2月18日・19日)
地図
宗佐厄神八幡神社の位置(兵庫県内)
宗佐厄神八幡神社
宗佐厄神八幡神社
テンプレートを表示

宗佐厄神八幡神社(そうさやくじんはちまんじんじゃ)は、兵庫県加古川市八幡町野村[1]にある神社である。正式名称は八幡神社。通称は宗佐の厄神さん。厄除の大神として広く知られる。旧社格郷社

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝によれば天平感宝元年(749年)に孝謙天皇勅願所として創建された。

厄除八幡厄神という名称は、神護景雲3年(769年)に和気清麻呂宇佐八幡宮に向かう道中で道鏡の刺客に襲われたとき、巨大なが現れて和気清麻呂を救ったという伝説に由来する。

村上天皇の勅宣を受けて応和年間(961年-964年)に大規模な社殿が造営されるが、天正6年(1578年)の三木合戦の兵火を受けて社殿をはじめとする建物はすべて焼失した。現在の社頭は天正16年(1588年)の造営によるものである。明治7年(1874年)2月に郷社に列した。

郊外の田園地帯に位置する境内は平素静かな佇まいであるが、播磨三大祭りの一つとされる厄除大祭には毎年日本各地から30数万人の参拝者が訪れ賑わう。

境内[編集]

ギャラリー[編集]

主な神事[編集]

宗佐厄神八幡神社の厄除大祭の様子
  • 1月1日 – 歳旦祭
  • 1月2日 – 年頭祈願祭
  • 1月3日 – 元始祭
  • 2月11日 – 紀元祭
  • 2月18日 – 祈年祭
  • 2月18日・19日 – 厄除大祭
  • 5月24日 – 小宮八社祭
  • 6月30日 – 大祓
  • 7月15日 – 夏祭
  • 10月上旬 – 秋祭
  • 11月3日 – 明治祭
  • 11月15日 – 七五三祭
  • 11月23日 – 新嘗祭
  • 12月23日 – 天長祭
  • 12月31日 – 除夜祭
  • 12月31日 – 大祓

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
周辺

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]