宗像氏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
宗像氏男/黒川隆像
時代 戦国時代
生誕 永正9年(1512年
死没 天文20年9月1日1551年9月30日
改名 氏男→黒川隆像
主君 大内義隆
氏族 宗像氏
父母 父:宗像氏続[1]または宗像氏佐
養父:宗像正氏(黒川隆尚)[2]
正室:宗像正氏娘・菊姫
国丸(氏隆

宗像 氏男(むなかた うじお)は、戦国時代宗像大社79代大宮司。

略歴[編集]

永正9年(1512年)、宗像氏続または宗像氏佐の子として誕生。氏続の兄・宗像正氏(黒川隆尚)の養子となる。その後、大内義隆に仕え、偏諱を受け黒川 隆像(くろかわ たかかた)と改名する。

天文20年(1551年)9月1日、大寧寺の変で主君・義隆が自害したのに伴い殉死する。

氏雄と表記された文書も残る。

脚注[編集]

  1. ^ 氏佐の子で氏続の弟とする説もある。
  2. ^ 伯父・氏続の兄。

関連項目[編集]