宗厳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗厳(そうごん、天正3年(1575年)? - 寛永5年(1628年))は、李氏朝鮮の人物。日本で出家して僧となり、西雲院を開山した。

略歴[編集]

豊臣秀吉が起こした文禄・慶長の役の時に秀吉の家来の小野木重勝に捕らえられて、日本に連れてこられた。縁起に「宗厳天質、陰茎至小にして男事すでに絶つ」[1]とある。そのためやんごとない婦人に仕えさせるには安心なので、蜂須賀家政北政所に彼を献上した。北政所は彼を羽柴下総守(滝川雄利)の息女の召し使いにした。この息女に宗厳はまめまめしく仕えたが、宗厳30歳のとき、息女は17歳で死んだ。

それに彼は人生の無常を感じ、知恩院第29世の満誉尊照を師として宗厳は出家して、11年間諸国を巡る修行の後の元和2年(1616年)、黒谷に帰ってきた。宗厳はひたすら龍光院の墓前で念仏を唱え続けた。たいへん熱心なその様子を見た了的(金戒光明寺第27世)は紫雲石を宗厳に授け、宗厳は西雲院を開山した。さらに一心不乱に念仏を唱える宗厳の下には多くの僧侶が集まり、また多くの寄進を集めたという。千日念仏惣回向、そして宗厳は寛永5年(1628年)に死去したが、その死後も、万日念仏惣回向、3万日念仏惣回向、4万日念仏惣回向(100年)と続けられた。

脚注[編集]

  1. ^ 西雲院蔵「当院縁起並寄進帳」より

参考文献[編集]

  • 梅原猛、京都新聞社編集局、連載「京都遊行」より
  • 山折哲雄、槇野修「京都の寺社505を歩く」PHP新書2007年 ISBN 978-4-569-69247-0