宗康親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗康親王(むねやすしんのう、天長5年(828年) - 貞観10年6月11日868年7月4日))は、平安時代前期の皇族仁明天皇の第二皇子。母は贈皇太后藤原沢子藤原総継の娘)。光孝天皇の同母兄。官位四品中務卿

経歴[編集]

承和元年(834年)初めて父・仁明天皇に拝謁する。承和3年(836年大和国山邊郡荒廃田10町、播磨国神埼郡荒廃田33町、美濃国席田郡空閑地70町を賜与される。

承和10年(843年元服して、承和11年(844年四品に叙せられ、翌承和12年(845年大宰帥に任ぜられる。嘉祥2年(849年)には中務卿を兼ねるが、翌嘉祥3年(850年)仁明天皇の出家に伴い、弟の源多とともに出家。最終官位は四品中務卿。

清和朝貞観10年(868年)6月11日薨去享年41。

官歴[編集]

六国史』による。

参考文献[編集]