宗方小太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宗方 小太郎(むなかた こたろう 1864年8月6日(元治元年7月5日[1]) - 1923年大正12年)2月5日)は、熊本生まれのジャーナリスト大陸浪人。号北平。

経歴[編集]

佐々友房の熊本済々黌に学ぶ。1884年10月上海渡航、1890年上海に荒尾精が設立した日清貿易研究所で学生の教育・監督を担当、1893年1月同研究所を辞して帰国、1893年7月大日本帝国海軍嘱託、1896年2月『漢報』を買収、1898年11月東亜同文会の設立に参加、1907年10月上海の『時報』の発行名義人となる、1914年10月東方通信社を設立し同社社長。1923年2月5日死去、享年58。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 日本外交史辞典』993頁。

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。