宗由貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

宗 由貴(そう ゆうき、1957年11月1日[1] - )は、香川県仲多度郡多度津町出身の少林寺拳法グループ元総裁。

経歴[編集]

香川県明善高等学校(現・英明高等学校)卒業[1]。父は香川県にある金剛禅総本山少林寺の開祖宗道臣で、父の死後の1980年5月、少林寺拳法師家第2世宗道臣を襲名した[2]

金剛禅総本山少林寺の管長を経て、現在は少林寺拳法グループ総裁となっている。

幼少時は少林寺拳法の修練をしていたが、膝を負傷して以降は武芸の稽古からは離れており、自身が保持している段級位は1級である。二児の母でもあるため、子育てと女性の社会進出に関して講演会を開くことが多い。

2019年12月31日、少林寺拳法グループ総裁を退任[3]。翌2020年1月1日、宗昂馬が少林寺拳法師家第3世(代表)に就任[4]

書籍[編集]

  • 監修『「強さ」とは何か。 少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉』文春新書、2012年、ISBN 978-4-16-660860-7

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.264
  2. ^ 著者宗道臣、監修宗由貴『少林寺拳法 : 愛の価値、力の理想。』ベースボール・マガジン社、10ページ、2016年、ISBN 978-4-583-11048-6
  3. ^ vol.67 現在社会に役立つ少林寺拳法として進化すべき - 宗由貴メッセージ 2020年12月19日閲覧。
  4. ^ vol.1 この社会状況だからこそ思うこと - 宗昴馬代表メッセージ「志道」 2020年12月19日閲覧。

関連項目[編集]