宗貞茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

宗 貞茂(そう さだしげ、生年不詳 - 1418年応永25年))は、室町時代前期の武将対馬守護大名で、宗氏の第8代当主。宗尚茂の子。官位は刑部少輔。讃岐守。

1398年、一族の宗頼茂から家督を奪取して当主となる。翌年からは李氏朝鮮と通交し始めた。また、筑前守護代の地位にあり、主筋である少弐氏を助けて九州北部に何度も進出した。1408年、守護代職を弟の貞澄に譲り、自身は対馬に戻ってその統治に務めた。1417年9月に病に倒れ、翌年4月に死去した。跡を子の貞盛が継いだ。

後年の1915年(大正4年)11月10日の大正天皇即位の礼に当たり、応永の外寇を撃退した功績で従四位を遺贈された。しかし後の研究で前述のようにすでに外寇時には死亡しており、功績は息子のものであることが判明した[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三浦周行、国立国会図書館デジタルコレクション 「應永の外寇」 『日本史の研究. 第〔1〕輯』 岩波書店、1930年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1161401/417 国立国会図書館デジタルコレクション 

関連項目[編集]