定在波レーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

定在波レーダー(ていざいはレーダー、Standing Wave Radar)は、定在波を使用したレーダーで観測対象との相対的な距離を精密に計測する事のできるレーダーである[1]。近年ではモノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)によってモジュール化されており、この技術を応用した見守りセンサー[2][3]様々な用途に向けて開発が進められている。

概要[編集]

1998年に特許が出願された[1]。相対変位の計測分解能が10μmと類似の目的の他のレーダーよりも高い。ドップラー・レーダーとは異なり、相対的な変位量だけでなく絶対的な距離を測定できる。距離0mから測距可能とされる[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]