定専坊 (大阪市東淀川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
定専坊
Jousenbou 01.jpg山門
所在地

大阪府大阪市東淀川区豊里6-14-25

北緯34度44分28.7秒
東経135度32分15秒
山号 横玉山
宗派 浄土真宗西本願寺派
本尊 阿弥陀仏
公式HP 定専坊
法人番号 5120005001472
テンプレートを表示

定専坊(じょうせんぼう)は大阪府大阪市東淀川区豊里にある浄土真宗西本願寺派の仏教寺院

歴史[編集]

もと行基の開創と伝える真言宗の西光寺で、永徳2年(1382年)、河内国赤坂城没落で楠木正成の孫正勝が隠遁して当寺に居住していた。 祖父正成が本願寺覚如に帰依していたが、正勝の孫・掃部助が出家して存如より浄願の法名を頂く。

定専坊は「一意専心」の意で蓮如が名づけている。
  • 天正年間(1580年頃)、織田信長との石山合戦では『石山戦記』に定専坊と、3世了顕が多くの軍勢を率いて戦ったと記されている[2]
  • 正保4年(1647年)定専坊と改める。
  • その後6世信詮の時、大坂河内町(現・北区天満)に一宇を創立してこれを兼務する。
  • 明治33年(1900年)もと字宅地にあったが、淀川改良工事で川敷となったため、現在地に移転する。

境内[編集]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615
  2. ^ 三善貞司 『大阪史蹟辞典』 (1986)全国書誌番号:86050775