定山渓森林鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

定山渓森林鉄道(じょうざんけいしんりんてつどう)は、北海道札幌市南区にあった木材の輸送に利用された森林鉄道

概要[編集]

1941年に営業開始した森林鉄道で、当時は札幌郡豊平町の定山渓にあった森林鉄道である。始発点は、定山渓鉄道線定山渓駅近くである。

営業開始時期および廃線時期については、情報が錯綜している。

路線データ[編集]

  • 本線 定山渓 - 定山渓事業部 14.0km
  • 右股支線 二股 - 右股 8.4km

歴史[編集]

  • 1938年 定山渓森林鉄道、着工[1]
  • 1940年 定山渓森林鉄道 営業開始との情報[2] 
  • 1941年 定山渓森林鉄道、営業開始[1]
  • 1948年 定山渓森林鉄道の右股支線の建設始まる[1]
  • 1954年 右股支線が完成する[1]
  • 1968年 定山渓森林鉄道、廃止[1]
  • 1972年 定山渓森林鉄道、廃止との情報[2] 

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 宮脇俊三 編 『鉄道廃線跡を歩く』 JTB出版 1995年 ISBN 978-4533023378
  • 西裕之 『全国森林鉄道』 JTB出版 2001年 ISBN 4-533-03979-0
  • 小熊米雄 『日本の森林鉄道 上巻・蒸気機関車編』 エリエイ出版部 プレス・アイゼンバーン 1989年 ISBN 4-87112-412-6