定海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

定海(じょうかい、承保元年1月3日1074年2月1日) - 久安5年4月12日1149年5月20日))は、平安時代後期の真言宗。俗姓は源氏で、村上源氏の出身。父は右大臣源顕房藤原賢子白河天皇中宮)・太政大臣源雅実・源師子(藤原忠実室)らの異母弟。三宝院大僧正上生僧正とも称された。

略歴[編集]

幼くして従兄弟にあたる三宝院勝覚左大臣源俊房の子)に師事する。康和3年(1101年無量光院において伝法灌頂を受ける。永久4年(1116年)に第16代醍醐寺座主に就任し、上醍醐薬師堂の再建・東僧房の建立・清滝会の創始など寺を醍醐寺の振興に尽力した。大治4年(1129年)5月、東大寺別当になる。翌年の大治5年正月、権少僧都になる。長承元年(1132年)閏4月に東寺長者となり、同年5月に権大僧都に昇った。保延元年(1135年)10月に権僧正になり、保延3年正月に僧正になる。興福寺別当玄覚(藤原師実の子)を飛び越えてのこの人事に興福寺僧徒が反発して訴えを起こされ、一時僧正職を停止されたことがあった。保延4年10月に大僧正に昇進したが、これは醍醐寺の僧が大僧正に任ぜられた最初の例である。

彼は白河法皇鳥羽法皇に関係する仏事を中心に数多くの仏事に招かれた。永久2年(1114年)11月の法勝寺新阿弥陀堂(蓮華蔵院)供養、大治2年(1127年)正月の法勝寺五重塔供養、大治5年(1130年)7月の法勝寺九体新阿弥陀堂供養、長承元年(1132年)3月の得長寿院供養、長承3年4月の得長寿院内一字金輪堂供養などの法会に奉仕。孔雀経法を修すること数回に及んだ。

久安元年(1145年)諸職を辞し、同5年4月12日に76歳で入寂した。著書に『大治記』1巻・『保延記』1巻がある。また弟子に元海・一海らがいた。