定昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

定昭(じょうしょう、延喜6年(906年) - 天元6年3月21日983年5月6日[1])は、平安時代中期の真言宗。父は左大臣藤原師尹。嵯峨僧都・一乗院僧都も称される。定照とも。

興福寺の忍斅(にんこう)に法相を学び、寛空灌頂を受けて大覚寺別当に任じられた。康保3年(966年)に権律師、天元2年(979年)には大僧都に昇任している。また、東寺長者・興福寺別当・金剛峯寺座主を歴任し、興福寺一乗院を創建した。晩年は「法華経」読誦に専念した。

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus