宜倫郡主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宜倫郡主(ぎりんぐんしゅ、1378年以前 - 1449年以後)は、の懿文太子朱標の次女。建文帝の姉。

経歴[編集]

実母については記録がない。側室が公主の生母だったと思われるが、太子妃常氏の可能性もある。

永楽帝が即位すると、公主から郡主に降格された。永楽15年(1417年)に40歳を過ぎて、正六品錦衣衛百戸の于礼と結婚した。正統14年(1449年)、既に高齢で体も衰えたので、先に墓地の賜予を請求したが、英宗に断わられた。

南明において弘光元年(1645年)、公主に追復された。

伝記資料[編集]

  • 『東宮妃常氏墓志』
  • 『明英宗実録』
  • 『明成祖実録』