宝塚歌劇団11期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宝塚歌劇団11期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1921年宝塚歌劇団に入団し、1922年もしくは1923年に初舞台を踏んだ21人を指す[1]。当時は寶塚少女歌劇團であった。

一覧[編集]

※同じ初舞台グループで分けている[1]小夜福子の初舞台は月組公演『春の流れ』『春日舞姫』『鼻の詩人』『成吉思汗』『酒茶問答』[2]であり、雲野かよ子の初舞台は月組公演『琵琶記』『あこがれ』[2]である。

1922年初舞台[編集]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
小夜福子 さよ ふくこ 3月5日 静岡県沼津市 百人一首 イイダ
リンゴちゃん
男役 1942年 歌手・俳優
東郷静男夫人
妹は雲井千草[3]
関守須磨子 せきもり すまこ 二代目を襲名 1926年 松竹少女歌劇団振付師・藤間勘美
外山霞 とやま かすみ 神奈川県横浜市栄区[4] 百人一首 1931年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
九重京子 ここのえ きょうこ 百人一首 1929年 在団中に逝去
村雨まき子 むらさめ まきこ 1月2日[5] 大阪府大阪市浪速区[4] 百人一首 男役 1935年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
伊吹かく子 いぶき かくこ 7月3日[5] 東京都北区[6] 百人一首 1938年
川霧朝子 かわぎり あさこ 百人一首 1925年
浪速つくし なにわ つくし 百人一首 1928年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
大山いく子 おおやま いくこ 福井県坂井郡本荘村 百人一首 1929年 姉は高峰妙子
高嶺浦子 たかね うらこ 埼玉県秩父市[6] 百人一首 1931年
久野光子 ひさの みつこ 百人一首 1924年 娘は瞳うらゝ[3]
三室葉子 みむろ ようこ 百人一首 不明
山野みよ子 やまの みよこ 1924年 在団中に逝去

1923年初舞台[編集]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
岩打民子 いわうち たみこ 百人一首 1925年
雲野かよ子 くもの かよこ 8月20日[5] 東京都千代田区 百人一首より小林一三が命名 華ちゃん 娘役 1942年 姉は天津乙女・妹は池邊鶴子[3]
宝塚コドモアテネ日本舞踊講師
宝塚音楽学校古典演劇講師
宝塚歌劇団日本舞踊振付家
瀬尾はやみ せお はやみ 百人一首 1926年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
神田千代子 かんだ ちよこ 百人一首 1926年
立山峰子 たてやま みねこ 百人一首 1928年
筑紫美保子 ちくし みほこ 百人一首 1928年
橋立芙美子 はしだて ふみこ 百人一首 1931年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
浜野袖子 はまの そでこ 百人一首 1925年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 100年史(人物) 2014, p. 8.
  2. ^ a b 婦人倶楽部』、講談社、1950年4月号
  3. ^ a b c 80年史 1994, p. 196.
  4. ^ a b 『寶塚の歌劇少女』橋詰せみ郎著、新正堂書店、1923年12月5日、P88
  5. ^ a b c 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  6. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年1月1日、106号

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英 『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』 宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、執筆:三宅顕人(出版物・CD類解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 9784484146010。