宝塚歌劇団21期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝塚歌劇団21期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1931年宝塚歌劇団に入団し、1932年春のおどり(七曜譜)』もしくは『フービー・ガール』(両方の生徒もあり)、または1933年世界一周』で初舞台を踏んだ61人を指す[1]。当時は寶塚少女歌劇團であった。

概要[編集]

香宮玲子と竹宮嘉久子の初舞台公演演目は『フービー・ガール』のみであり[1][2]、草場咲耶の初舞台公演演目は『春のおどり(七曜譜)』である[3]

一覧[編集]

1932年初舞台[編集]

初舞台は雪組公演『春のおどり(七曜譜)』『フーピー・ガール』(どちらかにしか出演していない生徒もあり)
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
青桐しげみ あおぎり しげみ 2月3日[4] オタカ 娘役 1940年
安藝幸代 あき さちよ 7月15日[4] 広島県広島市 1938年
浅香多絵子 あさか たえこ 2月21日 1934年
朝妻しか子 あさづま しかこ 5月25日[4] 東京都港区 1937年
足柄孝子 あしがら たかこ 5月25日[4] 鳥取県 1938年
芦辺慶子 あしべ けいこ 9月25日[4] 山口県 1937年
在原達子 ありはら さとこ 3月6日[4] 1937年
阿波禮子 あわ れいこ 11月12日[4] 兵庫県西宮市 キャンさん[5] 1941年
磯小浪 いそ こなみ 2月8日[4] 1937年
一條京子 いちじょう きょうこ 1月28日[4] 兄さん[6]
お兄ちゃん
娘役 1939年
糸井しだれ いとい しだれ 9月21日 大阪府大阪市中央区 茨木高等女学校 ミヤス 娘役 1945年 姪は二代目・糸井しだれ
糸見綾子 いとみ あやこ 10月20日[4] 1933年
氏原節子 うじはら せつこ 12月23日[4] 大阪府大阪市 1943年  
打吹たもと うちぶき たもと 11月15日 鳥取県倉吉市 倉吉成徳学校 高砂松子
出生地・打吹公園の名をとって命名
ヨネちゃん[5] 男役 1972年 改名後・打吹美砂[7](うちぶき みさ)
浦船吉子 うらぶね よしこ 1月13日[4] 1935年
大海廣子 おおうみ ひろこ 1月4日[4] 1936年
大峯杉子 おおみね すぎこ 6月11日[4] 大阪府 ナカス 1941年
小田野巻子 おのだ まきこ 3月16日[4] 1935年
香宮玲子 かみや れいこ 1月14日[4] 1934年
加茂野瑞子 かもの みずこ 1932年 改名後・加茂野みづ子(かもの みづこ)[1]
草場咲耶 くさば さくや 1月21日[3][4] 兵庫県神戸市 神戸市立第一高等女学校[8] 宝塚音楽学校で命名して貰う[8] アズン[9] 男役 1942年
小春涼子 こはる すずこ 8月25日[4] 大阪府大阪市 オミヅ 娘役 1940年
狭衣なか子 さごろも なかこ 12月12日[4] 1937年
左近八重子 さこん やえこ 8月18日[10][4] 兵庫県神戸市[10] 東京府立第五高等女學校[10] サアちゃん[10] 娘役 1940年 改名後・水乃也清美[7](みずのや きよみ)[1]叔母は水谷八重子[10]
里見志津子 さとみ しづこ 7月2日[4] 1937年 改名後・里見静子(さとみ しづこ)[1]
式部若子 しきぶ わかこ 1月13日[4] 東京都 ウエちゃん[11] 1941年
白雲嶺子 しらくも みねこ 10月18日[4] 1936年
白鷺光子 しらさぎ みつこ 7月15日[4] 1937年
銀鈴音 しろがね すずね 9月21日[4] 大阪府大阪市 コイチャン 娘役 1943年
高原大和 たかはら やまと 1月3日[4] 兵庫県神戸市 しいちゃん[12] 娘役 1941年
寶路郁子 たからじ いくこ 7月28日[4] 兵庫県 1939年 改名後・寶路みのる(たからじ みのる)[1]
瀧津とせ子 たきつ とせこ 6月30日[4] 兵庫県 娘役 1939年 改名前は瀧津はやせ(たきつ はやせ)[1]
・瀧津はやみ(たきつ はやみ)[1]
竹野松子 たけの まつこ 3月9日[4] 兵庫県神戸市 1938年
竹宮嘉久子 たけみや かくこ 3月11日[4] 東京都 ミヤサク[2]
ビヤーツク[5]
1941年 改名後・竹美喜久子[7](たけみ きくこ)[1]
玉葉輝子 たまは てるこ 7月10日[4] 広島県 シャクさん[10]
ツーちゃん[12]
1939年
秩夫晴世 ちちぶ はるよ 10月2日[13][4] 京都府京都市[14] 大阪市桜宮尋常高等小学校[14] 実兄が命名[15] ウラちゃん[16]
ウラ子
娘役 1946年 改名後・秩父晴世[7](ちちぶ はるよ)
千舟町子 ちぶね まちこ 1933年
都賀豊子 つが とよこ 4月1日[14][4] 石川県金沢市[17] 大阪府立泉尾高等女学校[14] コシャン[18]
コシちゃん
男役 1941年
月野花子 つきの はなこ 5月11日[3] 兵庫県神戸市中央区[14] 西宮大社尋常高等小学校[3] ヤギヒロ[14]
コヤギ[3]
ヒロちゃん[19]
娘役 1940年
常夏君枝 とこなつ きみえ 11月26日[4] 東京都 1938年 改名後・
常夏多枝子[7](とこなつ たえこ)[1]
轟夕起子 とどろき ゆきこ 9月11日 東京都港区 京都府立第二高等女学校 山田耕筰が命名 トルコ
[6]
娘役 1937年 女優
名草艶子 なぐさ つやこ 6月7日[4] 和歌山県和歌山市 チビちゃん[20] 1940年 改名後・名草久美子(なぐさ くみこ)[1]
浪路須磨子 なみじ すまこ 6月6日[4] 兵庫県神戸市 1939年
二條宮子 にじょう みやこ 8月11日[4] 秋田県[21] 大阪音楽学校 セガワさん 娘役 1942年 夫は金光嗣郎
花池えみ子 はないけ えみこ 10月24日[4] 大阪府大阪市 1938年
花殿うたげ はなどの うたげ 6月3日[4] 1939年
人丸俊子 ひとまる としこ 12月28日[4] 兵庫県神戸市 1939年
槇蓉子 まき ようこ 7月8日 1935年 姉は玉川清子、妹は霞千恵子[22]
姪は尚すみれ
松並和枝 まつなみ かずえ 12月20日[4] 1935年
御影園子 みかげ そのこ 11月24日[4] 1935年 娘は若原三千[22]
瑞垣久世 みずがき ひさよ 10月4日[4] 1936年
水間扶美子 みずま ふみこ 4月6日 大阪府大阪市 1938年 退団後は歌手・服部富子
実兄は服部良一
甥は服部克久
姪孫は服部隆之
壬生杏子 みぶ きょうこ 11月24日[4] 1934年
宮居マサ子 みやい まさこ 8月6日[4] 兵庫県西宮市 ノラちゃん[2] 男役 1943年 改名後・宮居昌子(みやい まさこ)[1]
紫藤子 むらさき ふじこ 7月12日[4] 山口県 イマさん[5] 1941年
桃園ゆみか ももぞの ゆみか 3月19日[4] 長崎県[19] 諫早尋常高等小學校[5] アサノ 娘役 1945年 夫は歌手伊藤久男
娘は日月三禮[1]
屋島經子 やしま つねこ 10月5日[4] 大阪府[14] 三軒家尋常小学校[14] 実兄が命名[14] キタさん[14]
キタコ
1940年 改名後・江川鈴代(えがわ すずよ)[1]
八千代治子 やちよ はるこ 5月20日[4] お爺ちゃん[6] 娘役 1938年
夕映あかね ゆうばえ あかね[7] 1月20日 東京都 娘役 1946年

1933年初舞台[編集]

初舞台は花組公演『世界一周』
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
有川恒子 ありかわ つねこ 3月31日 京都府 1941年 姉は松野友子
娘は千草美景[22]
高野みや子 たかの みやこ 9月20日 兵庫県宝塚市 娘役 1938年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 100年史(人物) 2014, p. 19.
  2. ^ a b c 『エスエス』、東宝発行所、1939年1月号
  3. ^ a b c d e 『エスエス』、東宝発行所、1939年4月号
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  5. ^ a b c d e 『エスエス』、東宝発行所、1938年2月号
  6. ^ a b c 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年3月、156号
  7. ^ a b c d e f 90年史 2004, p. 239.
  8. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1939年9月号
  9. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1939年2月、227号、P92
  10. ^ a b c d e f 『エスエス』、東宝発行所、1938年3月号
  11. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年8月号
  12. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年6月、159号
  13. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年10月号
  14. ^ a b c d e f g h i j 『エスエス』、東宝発行所、1939年5月号
  15. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年5月号、P118
  16. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年4月号、P148
  17. ^ 『歌劇』、宝塚1935年3月、180号
  18. ^ 『宝塚少女歌劇脚本集』、宝塚少女歌劇団、1937年9月、201号
  19. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1938年1月号
  20. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年4月、157号
  21. ^ 『宝塚少女歌劇脚本集』、宝塚少女歌劇団、1937年8月、200号
  22. ^ a b c 80年史 1994, p. 196.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英 『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』 宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、執筆:三宅顕人(出版物・CD類解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。