宝塚歌劇団32期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宝塚歌劇団32期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1942年宝塚音楽舞踊学校に入学し、1945年宝塚歌劇団に入団し、1946年に初舞台を踏んだ18人を指す[1][2]

一覧[編集]

入団時の成績順にまとめている[3]。改名後の芸名の出典はすべて『宝塚歌劇100年史(人物)(人物編)[2]』。31期生33期生と合同のため、組分け内の成績順[2]

A組
芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
志賀龍子 しが りゅうこ 11月3日 兵庫県神戸市須磨区 八尾高等女学校 サーちゃん 1952年
花月澄枝 かつき すみえ 5月9日 大阪府 大阪市立東高等女学校 タッちゃん 娘役 1952年
花影吹雪 はなかげ ふぶき 1948年
千秋みつる ちあき みつる 1月26日 大韓民国
京城
1950年 姉は深緑夏代
櫻間美幸 さくらま みゆき 2月9日 秋田県秋田市 聖霊高等女学校 カタミちゃん 1955年 改名後・櫻間秀子(さくらま ひでこ)
八雲みどり やぐも みどり 1947年
鈴刈真夕美 すずかり まゆみ 1月30日 大阪府大阪市 万葉集 ワンコ 1954年
勿来せき子 なこそ せきこ 1948年
高南寺光子 こうなんじ みつこ 1946年 改名後・高樹ひろみ(たかき ひろみ)
B組
芸名[2] 読み仮名[2] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
春日みさを かすが みさを 1948年 改名後・春日京子(かすが きょうこ)
五月一彌 さつき かずや 5月1日 兵庫県尼崎市 大阪府立大手前高等女学校 誕生日 ナカチン 1952年
雅笛ますみ まさぶえ ますみ 1946年 改名後・雅笛満寿美(まさぶえ ますみ)
川路立美 かわじ たつみ 10月3日 愛知県 名古屋市金城女子専門高等女学校 本名
母の名
リタちゃん 1958年
月路兎志子 つきじ としこ 5月12日 愛知県名古屋市 夢の世界に
相応しく
ピョンコちゃん 1952年
田鶴千重子 たづる ちえこ 1月3日 大阪府 みつちゃん 1955年 改名後・田鶴千恵子(たづる ちえこ)
朝吹玲子 あさぶき れいこ デカコ 1950年
若櫻薫 わかざくら かおる 10月15日 兵庫県神戸市 咲き誇る
嵐の庭の若桜
散りにし
後も香り残せよ
たけちゃん 1966年
都路東 みやじ あずま 1947年

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、執筆:三宅顕人(出版物・CD類解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。