宝木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宝木駅
Hōgi Station 2019.jpg
駅舎(2019年11月)
ほうぎ
Hōgi
末恒 (5.1 km)
(2.9 km) 浜村
所在地 鳥取県鳥取市気高町宝木1142
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陰本線
キロ程 244.7 km(京都起点)
電報略号 ホキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
148人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1907年明治40年)4月28日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

宝木駅(ほうぎえき)は、鳥取県鳥取市気高町宝木にある西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

快速列車は、米子方面行きは約半数程度が停車するが、鳥取方面行きは平日1本・土休日2本のみの停車である。また、2009年3月14日のダイヤ改正まで平日に限り若桜鉄道若桜線から因美線経由で当駅まで直通する普通列車が1本設定されていた。この列車の折り返し列車は鳥取行き普通列車となっていたため山陰本線→因美線の直通普通列車は存在しなかった。なお、2015年3月14日のダイヤ改正まで米子駅始発の山陰本線→因美線→若桜鉄道若桜線の直通普通列車が1日1本夜に運転されていた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式の1番のりば側にあり、ホームの連絡は跨線橋による。2003年鳥取県鉄道高速化事業では一線スルー化工事が行われなかった。

鳥取鉄道部管理の簡易委託駅であり、朝と昼間のみ(土曜日は朝のみ)POS端末による窓口発券を行う。駅構内に山陰合同銀行宝木代理店があったが、2018年7月16日をもって廃止された[1]便所は改札外に男女別の水洗式便所がある。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 A 山陰本線 上り 鳥取浜坂方面 一部3番のりば
2・3 下り 倉吉米子方面

上り本線は1番のりば、下り本線は2番のりばであり、通常の発着にはこの2線が使われる。3番のりばは上下副本線であり、通過待ちに使われる。

2009年3月13日まで設定されていた、平日の鳥取駅 - 当駅間の区間列車は3番のりばで折り返していた。

利用状況[編集]

「鳥取市統計要覧」によると、2019年度の年間の乗車人員は5.4万人で、1日平均の乗車人員は148人と算出できる。

近年の乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 年間
乗車人員
1日平均
乗車人員
2010年 9.4万 258
2011年 8.8万 240
2012年 8.9万 244
2013年 8.3万 227
2014年 8.2万 225
2015年 7.2万 197
2016年 6.8万 186
2017年 6.3万 173
2018年 6.0万 164
2019年 5.4万 148

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

※快速「とっとりライナー」(下りは半数程度、上りは平日1便・土休日2便停車)の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
A 山陰本線
末恒駅 - 宝木駅 - 浜村駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 店舗ネットワークの見直しについて (PDF)”. 山陰合同銀行 (2018年4月4日). 2018年12月16日閲覧。

関連項目[編集]