宝田沙織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宝田 沙織 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカラダ サオリ
ラテン文字 TAKARADA Saori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-12-27) 1999年12月27日(19歳)
出身地 富山県中新川郡立山町
身長 168cm
体重 59kg
選手情報
在籍チーム セレッソ大阪堺レディース
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- セレッソ大阪堺レディース 110 (44)
代表歴2
2019- 日本の旗 日本 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月3日現在。
2. 2019年6月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

宝田 沙織(たからだ さおり、1999年12月27日 - )は、日本の女子サッカー選手。セレッソ大阪堺レディース所属。登録ポジションはフォワード

人物[編集]

富山県中新川郡立山町出身。立山町立立山中央小学校堺市立月州中学校大阪学芸高等学校を経て[2]大阪大谷大学人間社会学部スポーツ健康学科在籍中。

立山中央小学校在学時代に富山市の特定非営利活動法人・ひがしスポーツクラブ活動が運営するジュニアサッカーチームであるFCひがしJr.に入団してサッカーを始める[3]

2011年、小学校6年次に日本サッカー協会(JFA)が主催した『2011 ナショナルトレセンU-12北信越メンバー』にゴールキーパーとして選出された経験があり[4]、また富山県体育協会が行っている『未来のアスリート発掘事業』の第6期生に選抜されている[5]

2012年、中学校に入学するに際して、地元富山でなく大阪府堺市に開校したJFAアカデミー堺第1期生として入学[6]。アカデミー入学と同時にセレッソ大阪堺レディースに入団して試合に出場するスタイルで鍛錬を重ねる。またセレッソ大阪堺レディース入団当初はゴールキーパーをメインにプレーしているが、2012年6月にU-13日本女子選抜チームに選出されてアジアサッカー連盟(AFC)公認大会のAFCガールズトーナメント(中華人民共和国)に出場した際にはゴールキーパーとフィールドプレーヤーの両方で登録されており[7]、大会の第2戦(対台湾女子U-13戦)では背番号1のフィールドプレーヤーとして得点を擧げている[8]

また、2014年にJFAが育成年代の女子ゴールキーパー選手を対象に行っていた『スーパー少女プロジェクト』のトレーニングキャンプに選抜され参加したこともある[9]

2015年にU-16日本女子代表に選出された際は、ディフェンダー登録であり、センターバックで試合に出場したこともある。同年にAFC U-16女子選手権2015(中華人民共和国・武漢市)では背番号6のDF登録であった[10]。この時には初戦のウズベキスタン戦と準決勝のタイ王国戦でゴールを擧げている。

2016年、2016 FIFA U-17女子ワールドカップヨルダン)に出場するU-17日本女子代表にミッドフィールダーとして選出される。大会ではグループリーグ初戦のガーナ[11]、第2戦のパラグアイ[12]でそれぞれ得点を擧げるなど主力として活躍し、大会準優勝に寄与した。またこの年はセレッソ大阪堺ではディフェンダー登録ながらなでしこリーグ2部リーグ戦でチーム最多の7得点を擧げ、リーグ通算でも5位となっている[13]

2017年に自チームではフォワード登録に変更され、同時に背番号も「11」に変更された。なでしこリーグ2部ではダントツの22点を擧げて得点王となった[14]。さらにU-19日本女子代表に選出されて、10月のAFC U-19女子選手権2017(中華人民共和国・南京市)に出場、初戦のベトナム戦でハットトリックを決めるなど[15]チーム最多の5得点と活躍し、日本女子チームを2大会連続優勝に輝いた。

2018年2月、クラブとアマチュア選手契約を締結[16]。5月26日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦でなでしこリーグ通算100試合出場を達成した[17]。 8月にフランスで行われた2018 FIFA U-20女子ワールドカップでは、5得点3アシストと活躍して日本の優勝に貢献した。また、シルバーボール(大会優秀選手)とブロンズブーツ(得点3位)を受賞している。

2019年、2019 FIFA女子ワールドカップ代表メンバーに選ばれていた植木理子が直前合宿中に怪我のためチームを離脱し、その代役として追加招集された[18]。6月10日、初戦のアルゼンチン戦にてなでしこジャパン初出場。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2013 C大阪堺 15 チャレンジ 21 2 - 1 0 22 2
2014 11 21 0 - - 21 0
2015 チャレンジWEST 18 9 - - 18 9
2016 なでしこ2部 14 7 8 3 1 0 23 10
2017 18 22 9 7 2 1 29 30
2018 なでしこ1部 18 4 8 0 2 1 28 5
通算 日本 1部 18 4 8 0 2 1 28 5
日本 2部 74 31 17 10 4 1 95 42
日本 3部 18 9 - - 18 9
総通算 110 44 25 10 6 2 141 56

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 3 0
通算 3 0

(2019年6月25日現在)

脚注[編集]

  1. ^ 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2017』ぴあ、2017年、76頁。ISBN 978-4-8356-3249-0。
  2. ^ 表彰伝達 大阪学芸高等学校
  3. ^ 『サッカーU-17女子日本代表 宝田(立山出身)が選出』 北日本新聞スポーツ面 2016年09月11日付
  4. ^ 2011 ナショナルトレセンU-12北信越メンバー (PDF) 日本サッカー協会
  5. ^ 未来のアスリート発掘事業 6期生名簿 (PDF) 富山県体育協会
  6. ^ JFAアカデミー堺 開校式 日本サッカー協会 2012年3月28日
  7. ^ JFAエリートプログラム女子U-13(U-13日本女子選抜)中国遠征〔AFCガールズトーナメント〕 日本サッカー協会
  8. ^ 【U-13日本女子選抜 AFCガールズトーナメント】第2戦試合結果 日本サッカー協会
  9. ^ 芝 ひより選手、宝田沙織選手がスーパー少女プロジェクト トレーニングキャンプメンバーに選出 セレッソ大阪公式サイト 2014年1月22日
  10. ^ U-16日本女子代表〔AFC U-16女子選手権中国2015〕メンバー・スケジュール 日本サッカー協会
  11. ^ U-17日本女子代表、大量5得点で好発進! FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 日本サッカー協会
  12. ^ U-17日本女子代表、連勝でグループ首位に FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン 2016 日本サッカー協会
  13. ^ なでしこリーグ2016 2部得点ランキング なでしこリーグ公式サイト
  14. ^ なでしこリーグ2017 2部得点ランキング なでしこリーグ公式サイト
  15. ^ 宝田のハットトリックなど8-0でベトナムに大勝 U-19女子アジア選手権 サンケイスポーツ 2017年10月17日
  16. ^ “セレッソ大阪堺レディース・セレッソ大阪堺ガールズ アマチュア選手契約について” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2018年2月17日), https://www.cerezo.jp/news/2018-02-17-3/ 2018年2月25日閲覧。 
  17. ^ “記録達成について【2018プレナスなでしこリーグ】” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2018年6月4日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0604_0952.html 2018年8月6日閲覧。 
  18. ^ 植木理子選手が離脱。宝田沙織選手を迎えて24人で新たな出発 ~FIFA女子ワールドカップフランス2019 日本サッカー協会