実光院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
実光院
実光院001.jpg
所在地 京都府京都市左京区大原勝林院町187
位置 北緯35度7分14.1秒 東経135度50分2.9秒 / 北緯35.120583度 東経135.834139度 / 35.120583; 135.834139座標: 北緯35度7分14.1秒 東経135度50分2.9秒 / 北緯35.120583度 東経135.834139度 / 35.120583; 135.834139
宗派 天台宗
本尊 地蔵菩薩座像
創建年 1919年大正8年)移転[1]
法人番号 2130005001887
テンプレートを表示

実光院(じっこういん)は、三千院の北にある[2]京都府京都市左京区大原勝林院町に位置する天台宗の寺院[3]勝林院の子院として建立された[2]。寺紋は細川桜である。

歴史[編集]

実光院は応永年間に宗信法印によって復興され、元々は現・大原陵(後鳥羽天皇順徳天皇陵墓)が旧実光院であった。現在はその向かい側に位置する。旧実光院の境内に後鳥羽天皇と順徳天皇の遺骨を安置したのは、後鳥羽天皇第10皇子の梶井宮門跡尊快法親王である。

元々は勝林院の子院として宝泉院・実光院・普賢院・理覚院・龍禅院などの僧坊が所在しており、実光院もその一つである。

1919年大正8年)に大原陵を整備するため宮内省の命令で無住となっていた理覚院・普賢院の二院を統合して、この両院の地に移転することとなった[1]

境内[編集]

客殿[編集]

京都大原にある実光院の床の間

1921年(大正10年)に建てられた[4]。本尊として延命地蔵菩薩座像が安置されており、脇侍には不動明王と毘沙門天が祀られる。

床の間などには声明関係資料や楽器類が展示されており、バチが付属するものは自由に鳴らして実際に音色を確かめることができる。

欄間には江戸時代中期の狩野派による十六詩仙画がかけられている[5]

庭園[編集]

京都大原にある実光院の庭園
京都大原にある実光院の庭園

2種類の庭がある[6]

  • 池泉鑑賞式庭園(契心園) - 旧普賢院以来現存する庭園。客殿の南側に位置する。江戸時代後期の作庭。律川から引いた滝を落とす心字池がある。正面に石造の五重塔を乗せる築山の松は鶴を、池の島は亀を表している。[7]
  • 池泉回遊式庭園 - 旧理覚院境内。現在の実光院客殿の西側に位置する。旧理覚院の荒廃していた庭を歴代の住職が整備したもので、金毘羅山や小塩山を借景とするために庭木を低く仕立てた開放的な庭園で、多くの山野草が地植えされているため四季折々の花が楽しめる[8]

不断桜[編集]

池泉回遊式庭園である旧理覚院庭園には樹齢100年を超える十月桜が植えられており、不断桜と銘されている[2]。この桜は十月初旬に開花し、十一月中頃に秋の満開を迎える。冬になると開花のペースが落ち花の量が減るがわずかづつ花を咲かせ、四月初旬に再び春の満開を迎える[9]。十月から翌年四月まで絶えずに花を咲かせ続けるため、秋には紅葉と桜、冬には雪と桜、春には石楠花と桜を同時に見ることができる。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 川端洋之 『古寺歩きの愉しみ』 淡交社 2009年4月24日 p.12
  2. ^ a b c 秋から春に咲く大原・実光院の不断桜/京都 [名所・旧跡]”. All About (2010年11月26日). 2017年3月19日閲覧。
  3. ^ 京都観光Navi:実光院”. 京都府. 2017年3月19日閲覧。
  4. ^ 福岡秀樹『ゆっくり愉しむ京都仏像巡りベストガイド』2008年3月
  5. ^ 川端洋之 『古寺歩きの愉しみ』 淡交社 2009年4月24日 p.13
  6. ^ 京都 魚山大原寺「実光院」 ┃ 庭園”. 実光院. 2017年3月19日閲覧。
  7. ^ メディアユニオン『最新京の古寺あるき』2007年4月5日 p.57
  8. ^ 川端洋之 『古寺歩きの愉しみ』 淡交社 2009年4月24日 p.14
  9. ^ 「赤と薄桃色競演 大原・実光院で見ごろ」京都新聞2004年11月27日朝刊1面

参考文献[編集]

  • 愛宕郡『洛北誌―旧京都府愛宕郡村』大学堂書店、1970年8月。
  • メディア ユニオン『最新版 京の古寺あるき』実業之日本社、2007年4月。ISBN 978-4408592855。
  • 福岡, 秀樹『ゆっくり愉しむ京都仏像巡りベストガイド』メイツ出版、2008年3月。ISBN 978-4780403756。

関連項目[編集]