実吉捷郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1949年頃の近影(アサヒグラフ掲載)

実吉 捷郎(さねよし はやお、1895年(明治28年)1月20日 - 1962年(昭和37年)2月15日)は日本独文学者

経歴[編集]

1895年(明治28年)に実吉安純の六男として東京に生まれる。東京帝国大学卒業後、府立高等学校などで教師生活を経て、1949年(昭和24年)東京都立大学教授となる。後に桐朋学園大学教授、立正大学教授。

一時期は伯爵日野資秀の三女と結婚し、婚姓から日野捷郎という名前で著作活動をした。義兄日野資謙の死去に伴い、1925年6月1日、伯爵を襲爵[1][2]1931年2月27日に隠居し[1][3]、同年4月10日に離婚[1]したため復姓した。トーマス・マンなどの日本への紹介で貢献的な役割を果たした一人である。

長男は国語学者で、静岡大学名誉教授の日野資純、再婚後生まれた次男は、ドイツ文学者・北里大学教授の実吉晴夫(1940-2003)。シューベルトの歌曲の翻訳などをした。

府立高等学校時代には、同校の校歌を作曲をした。教え子に徳永康元などがいる。

著書[編集]

  • 『つばくらめ 実吉捷郎遺稿集』同学社 1963

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、410頁。
  2. ^ 『官報』第3831号、大正14年6月2日。
  3. ^ 『官報』第1258号、昭和6年3月12日。

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
日野資謙
伯爵
日野家第3代
1925年 - 1931年
次代:
日野資純