実業団女子駅伝西日本大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

実業団女子駅伝西日本大会(じつぎょうだんじょしえきでん・にしにっぽんたいかい)とは、全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の、関西四国地方も関西に含む)・中国地方九州地方の合同ブロック予選大会として2009年から2014年まで6年間で開催された駅伝大会である。

この項では2015年から現在まで実施されている全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会(別称:プリンセス駅伝)についても記述する。

概要[編集]

  • 元々、全日本大会の西日本地区の予選は関西・東海北陸・中国の4地域対抗による「淡路島女子駅伝競走大会」と、九州地方を対象とした「九州実業団対抗女子駅伝競走大会」で別々に開催されていたが、2009年から東海・北陸が「中部・北陸実業団対抗女子駅伝競走[1]に分離・独立したことと、淡路島大会もスポンサーが不況の影響などから付かなくなったことを理由に廃止されたことを受けて、形式上関西・中国の大会と九州大会を統合する形で、2009年から開始された。
  • 2015年から全日本大会の改革により、予選会を一本化及びシード制導入により、本大会も休止されることになったが、予選会は西日本大会のコースで継続され、大会名が「全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会」、愛称「プリンセス駅伝in宗像・福津」となった。本大会に進めるのは上位14チームまでで、本大会の前年上位8チームを加えた22チームが出場する。

コース概要[編集]

いずれの大会も福岡県宗像市福津市を通る6区間・42.195km。

全日本大会予選会[編集]

  • 第1区  7.0km:宗像ユリックス宗像大社
  • 第2区  3.6km:宗像大社→勝浦浜
  • 第3区 10.7km:勝浦浜→宮地浜
  • 第4区  3.8km:宮地浜→福津市文化会館
  • 第5区 10.4km:福津市文化会館→宗像大社
  • 第6区 6.695km:宗像大社→宗像ユリックス

西日本大会[編集]

  • 第1区  6.7km:宗像市役所→牟田尻公民館
  • 第2区  3.5km:牟田尻公民館→あんずの里
  • 第3区 10.2km:あんずの里→松島工務店作業所前
第2回大会までは、あんずの里→ゆめマート 津屋崎店 10.5km
  • 第4区  4.5km:松島工務店作業所前→宗像漁協津屋崎支所
第2回大会までは、ゆめマート 津屋崎店→津屋崎中学校前 4.2km
  • 第5区 10.8km:宗像漁協津屋崎支所→牟田尻公民館
第2回大会までは、津屋崎中学校前→牟田尻公民館 10.9km
  • 第6区 6.495km:牟田尻公民館→宗像市役所
第2回までの距離は6.395km

全日本大会への出場枠[編集]

  • この大会は全日本大会の地区予選を兼ねており、2009年の第1回はそれぞれの地区の上位成績を挙げたチーム(関西は4、中国と九州は3ずつ)は無条件で、またこれとは別に2時間20分以内でゴールしたチームに対しても全日本大会への出場権を与えていたが、2010年の第2回は地区に関係なく大会の上位7チームと、これらと別に2時間20分以内でゴールしたチームに対して全日本大会への出場権を与える形に変更された。
  • なお、2009年は前述の関係で、西日本大会の全体成績上位6チームに対する表彰も行われた。
  • 2011年の第3回では、この年の全日本大会が東日本大震災の復興祈念大会となったため、大会の上位7チームと、震災復興特別枠として2時間30分以内にゴールしたチームに対して出場権を与えた。結果、出場16チーム中15チームが出場権を獲得することとなった。

大会成績[編集]

ボールド体は全日本大会への出場権獲得チーム。(AC=アスリートクラブ)

西日本大会[編集]

第1回
(2009年10月25日)
優勝 ダイハツ [関西1位]
(2時間16分55秒)
2位 天満屋 [中国1位]
3位 ワコール [関西2位]
4位 ノーリツ [関西3位]
5位 十八銀行 [九州1位]
6位 ユニクロ [中国2位]
7位 九電工 [九州2位]
8位 四国電力 [関西4位]
9位 大塚製薬 [関西5位]
10位 キヤノンAC九州 [九州3位]
11位 デオデオ [中国3位]
12位 TOTO [九州4位]
13位 ナンチク [九州5位]
14位 鹿児島銀行 [九州6位]

(出場枠:関西=4、中国=3、九州=3)
第2回
(2010年10月24日)
優勝 ダイハツ [関西]
(2時間17分53秒)
2位 ワコール [関西]
3位 シスメックス [関西]
4位 天満屋 [中国]
5位 大塚製薬 [関西]
6位 ノーリツ [関西]
7位 十八銀行 [九州]
8位 京セラ [関西]
9位 四国電力 [関西]
10位 九電工 [九州]
11位 デオデオ [中国]
12位 キャノンAC九州 [九州]
13位 ユニクロ [中国]
14位 TOTO [九州]
15位 鹿児島銀行[九州]
16位 ナンチク[九州]

(出場枠:関西=5、中国=1、九州=1)
第3回
(2011年10月23日)
優勝 天満屋 [中国]
(2時間18分31秒)
2位 シスメックス [関西]
3位 十八銀行 [九州]
4位 京セラ [関西]
5位 エディオン [中国][2]
6位 四国電力 [関西]
7位 大塚製薬 [関西]
8位 ユニクロ [中国]
9位 ダイハツ [関西]
10位 ワコール [関西]
11位 ノーリツ [関西]
12位 九電工 [九州]
13位 TOTO [九州]
14位 キャノンAC九州 [九州]
15位 鹿児島銀行 [九州]
16位 ナンチク [九州]

(出場枠:関西=7、中国=3、九州=5)

第4回 (2012年10月28日) 第5回 (2013年10月27日) 第6回 (2014年10月26日)

区間賞

2009年

  • 第1区( 6.7km) 野田頭美穂(ワコール) 21分53秒
  • 第2区( 3.5km) チェイエチ・ダニエル (ユニクロ) 10分43秒
  • 第3区(10.5km) 中里麗美 (ダイハツ) 33分50秒
  • 第4区( 4.2km) 坂井田歩(ダイハツ) 13分24秒
  • 第5区(10.9km) 中村友梨香(天満屋) 35分19秒
  • 第6区( 6.395km) 浦田佳小里(天満屋) 21分07秒


2010年

  • 第1区( 6.7km) 稲富友香(ワコール) 21分17秒(区間新)
  • 第2区( 3.5km) カプチッチ・セリー・チェピエゴ(九電工) 10分34秒(区間新)
  • 第3区(10.5km) 福士加代子(ワコール) 33分44秒(区間新)
  • 第4区( 4.2km) 坂本直子(天満屋) 13分28秒
  • 第5区(10.9km) 木崎良子(ダイハツ) 35分50秒
  • 第6区( 6.395km) 髙藤千紘(ワコール) 20分57秒(区間新)


2011年

  • 第1区( 6.7km) 五十嵐藍(シスメックス) 21分22秒
  • 第2区( 3.5km) カプチッチ・セリー・チェピエゴ(九電工) 10分41秒
  • 第3区(10.2km) 野口みずき(シスメックス) 32分25秒
  • 第4区( 4.5km) 
    • 坂本直子(天満屋) 14分34秒
    • 打田理沙(十八銀行) 14分34秒
  • 第5区(10.8km) 伊藤舞(大塚製薬) 36分38秒
  • 第6区(6.495km)
    • 重友梨佐(天満屋) 20分57秒(区間タイ)
    • 出田千鶴(ダイハツ) 20分57秒(区間タイ)
    • 中條宏美(ワコール) 20分57秒(区間タイ)

2012年) (2013年) (2014年

全日本大会予選会[編集]

結果[編集]

ボールド体は全日本実業団対抗女子駅伝競走大会への出場権獲得チーム。

なお第3回はエディオン、第4回は三井住友海上がそれぞれ途中棄権となっている。

第1回
(2015年10月25日)
優勝 ユニバーサルエンターテインメント
(2時間17分02秒)
2位 積水化学
(2時間18分10秒)
3位 JP日本郵政グループ
(2時間19分49秒)
4位 天満屋
(2時間20分04秒)
5位 ノーリツ
(2時間20分08秒)
6位 ルートインホテルズ
(2時間20秒11秒)
7位 日立
(2時間20秒23秒)
8位 三井住友海上
(2時間20分42秒)
9位 ワコール
(2時間20分58秒)
10位 ホクレン
(2時間21分10秒)
11位 十八銀行
(2時間21分19秒)
12位 パナソニック
(2時間21分22秒)
13位 シスメックス
(2時間21分45秒)
14位 TOTO
(2時間21分49秒)
15位 キャノンAC九州
16位 資生堂
17位 大塚製薬
18位 エディオン
19位 スターツ
20位 肥後銀行
21位 鹿児島銀行
22位 愛知電機
23位 小島プレス
24位 宮崎銀行

第2回
(2016年10月23日)
優勝 TOTO
(2時間19分15秒)
2位 ノーリツ
(2時間20分00秒)
3位 京セラ
(2時間20分11秒)
4位 パナソニック
(2時間20分14秒)
5位 ホクレン
(2時間20分16秒)
6位 しまむら
(2時間20分25秒)
7位 日立
(2時間20分42秒)
8位 JP日本郵政グループ
(2時間20分45秒)
9位 資生堂
(2時間20分50秒)
10位 ダイハツ
(2時間21分26秒)
11位 ワコール
(2時間21分33秒)
12位 ユタカ技研
(2時間21分50秒)
13位 三井住友海上
(2時間22分20秒)
14位 十八銀行
(2時間22分26秒)
15位 ルートインホテルズ
16位 ユニクロ
17位 大塚製薬
18位 エディオン
19位 宮崎銀行
20位 シスメックス
21位 キャノンAC九州
22位 鹿児島銀行
23位 スターツ
24位 肥後銀行
25位 小島プレス
26位 愛知電機
27位 メモリード
28位 ナンチク

第3回
(2017年10月22日)
優勝 豊田自動織機
(2時間20分28秒)
2位 パナソニック
(2時間20分35秒)
3位 ダイハツ
(2時間22分10秒)
4位 積水化学
(2時間22分37秒)
5位 デンソー
(2時間23分44秒)
6位 シスメックス
(2時間23分57秒)
7位 ホクレン
(2時間23分59秒)
8位 肥後銀行
(2時間24分15秒)
9位 しまむら
(2時間24分16秒)
10位 TOTO
(2時間24分22秒)
11位 スターツ
(2時間24分24秒)
12位 ノーリツ
(2時間24分35秒)
13位 京セラ
(2時間24分53秒)
14位 三井住友海上
(2時間24分55秒)
15位 大塚製薬
16位 キャノンAC九州
17位 日立
18位 ルートインホテルズ
19位 鹿児島銀行
20位 ユニクロ
21位 十八銀行
22位 宮崎銀行
23位 愛知電機
24位 愛媛銀行
25位 小島プレス
26位 ラフィネグループ
27位 ナンチク
28位 メモリード

第4回
(2018年10月21日)
優勝 ワコール
(2時間19分16秒)
2位 京セラ
(2時間20分27秒)
3位 九電工
(2時間20分51秒)
4位 積水化学
(2時間21分06秒)
5位 デンソー
(2時間21分24秒)
6位 ユニバーサルエンターテインメント
(2時間21分57秒)
7位 ルートインホテルズ
(2時間21分59秒)
8位 肥後銀行
(2時間22分24秒)
9位 エディオン
(2時間22分29秒)
10位 スターツ
(2時間22分58秒)
11位 ホクレン
(2時間23分05秒)
12位 鹿児島銀行
(2時間23分11秒)
13位 大塚製薬
(2時間23分16秒)
14位 シスメックス
(2時間24分06秒)
15位 キャノンAC九州
16位 ノーリツ
17位 宮崎銀行
18位 埼玉医科大学グループ
19位 ユニクロ
20位 しまむら
21位 岩谷産業
22位 TOTO
23位 小島プレス
24位 メモリード
25位 ラフィネグループ
26位 愛知電機

実況中継[編集]

2015年の第1回大会BS-TBS及びRKB毎日放送(途中飛び乗り)で生中継されており、後日一部のTBS系列局でも2時間の編集版が放送されたが、2016年は11:50 - 14:54にTBSテレビ系列27局ネットで生中継された(MROは金沢マラソン中継のため12:50 - 15:54に放送)。2017年からはMROを含めてTBSテレビ系列28局フルネットで11:50 - 14:54に生中継された。

2014年西日本大会までは、RKBの制作により放送されていた。駅伝本番は朝の9時〜11時頃に開催されていたが、番組編成上の都合[3]で同じくRKB制作の『選抜女子駅伝北九州大会』同様、生中継は実施されなかった。近畿地方以西のTBS系列・西日本ブロックの14局(RKB・NBCRKKOBSMRTMBCRBCITVKUTVtysRCCBSSRSKMBS)ネットで、同日午後(一部のネット局は同日深夜)に1時間24分の放送枠で録画中継されていた。

中継所の実況・リポートは従来RKB・OBS・RSK・MBSのアナウンサーが担当してきたが、2015年以降はRKB以外はTBSのアナウンサーに交代。解説は増田明美が毎年担当している。

テレビ中継(2018年)[編集]

  • 地上波放送
    • TBSテレビ系列28局ネット 11:50 - 14:54(生中継)

中継出演者(2018年)[編集]

別記が無い場合はいずれもTBSアナウンサー

中継出演者(2013年)[編集]

  • 第1移動車
  • 第2移動車
  • スタート・フィニッシュ地点
  • 中継所実況
    • 第1・5中継所:石川正史(OBS)
    • 第2中継所:川崎祐一(RSK)
    • 第3中継所:
    • 第4中継所:吉田明央(RKK)

エピソード[編集]

  • 2018年の全日本大会予選会で、2区の終盤、中継所まで200~300mの地点で、岩谷産業の飯田怜が右脛骨を骨折して転倒し、そこから中継所まで四つん這いで進んで3区の今田麻里絵にタスキを繋いだ。なお同大会では3区でもトップを走っていた三井住友海上の岡本春美に脱水症状というアクシデントが発生し、岡本は棄権となった。これらの事例を受け、後に行われた監督会議により、審判員の判断で「走行不能となった場合は、中止させる」とのルールが明記された。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年より実業団女子駅伝中日本大会に改称。
  2. ^ 2011年6月20日にデオデオからチーム名称を変更。
  3. ^ 駅伝本番時間帯は9時台は『サンデーモーニング』(ネット局全局)、10時 - 11時台は『サンデージャポン』(KUTVとe-JNNを除くネット局)、『開運!なんでも鑑定団』など(KUTV)、『窓をあけて九州』・『味わいぶらり旅』など(e-JNN)が放送されているため。