実用最小限の製品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

実用最小限の製品(じつようさいしょうげんのせいひん、Minimum Viable Product、MVP)は、初期の顧客を満足させ、将来の製品開発に役立つ有効なフィードバックや実証を得られる機能を備えた製品のバージョンを指す[1][2]

誤った仮定に基づき多くの機能を備えた製品の開発すると、失敗した場合のコストとリスクも増加するため、MVPからインサイトを得てそれを徐々に製品開発に反映させるほうが比較的に安価である[3]。この用語は、2001年にフランク・ロビンソンによって考案・定義され[4]、その後スティーブ・ブランクとエリック・リースによって広められた[5][6][7]。また、事前に市場分析を実施することもMVPの範疇に含まれる場合がある。

概要[編集]

MVPには、製品を効果的に展開し、主要顧客から有効な実証を得るのに十分な主要機能のみが備わっている。また、通常、MVPは一部の顧客にのみ展開される。このサブセットには、例えばより寛容で、フィードバックを収集しやすく、初期のプロトタイプやマーケティング情報から製品ビジョンを把握できると考えられるアーリーアドプターなどが含まれる。このアプローチは、顧客が望まない製品の開発を回避することを目標とし、最小限の投資で顧客に関する情報を最大限収集することを目的としている。

"The minimum viable product is that version of a new product a team uses to collect the maximum amount of validated learning about customers with the least effort."[2](和訳:実用最小限の製品は、チームが最小限の労力で最大量の顧客に関する有効で実証されたラーニングを収集できるプロダクトのバージョンである)[3]。ここで用いられる「最大(Maximum)」および「最小(Minimum)」の用語は定義が定型化されておらず、特定のコンテキストごとに何をもってMVPかという個別の判断が必要になる。この曖昧さのために、MVPという用語は一般的に、意図的または無意識のうちに、初期プロトタイプのような製品から本格的で市場性のある製品まで幅広い概念を指すように使用されている[8]

MVPは、製品開発と顧客への販売の戦略とプロセスに取り入れることができる[9]。これは、アイデアの生成、プロトタイピング、プレゼンテーション、データ収集、分析、学習の反復的プロセスにおける主要成果物であり、チームは反復に費やされる時間を最小限に抑えながら、望ましいプロダクト・マーケット・フィットが得られるまで(または製品が実現不可能と見なされるまで)このプロセスは繰り返される。

スティーブ・ブランクは通常、MVPを最低限の機能郡として参照している[10][11]

目的・利点[編集]

  • 最小限のリソースで、製品に関する仮説を実証・反証
  • 顧客と製品に関するラーニングの加速
  • 価値創出の少ない無駄なエンジニアリング時間の削減
  • 初期顧客へのスピーディーな製品の提供
  • 他の製品開発の基盤づくり
  • 必要な製品を作成する開発者の能力を確立
  • 迅速なブランド構築

テスト[編集]

  • MVPのテストの結果は、そもそも製品をフルスケールで開発することが懸命であるかどうかを示すことを目的としている。テストでは、当初の課題または目標が、前進するに値する妥当な方法で解決たかどうかを評価する。

名言[編集]

  • スティーブ・ブランク:「MVPは最小限の機能を通じてビジョンを売り込むものであり、それは万人向けの製品ではない、ヴィジョナリー向けの製品である。」[10]

マーケティング[編集]

MVPのリリースとその結果に関する評価は、製品のコンセプトの有効性を迅速に実証するための戦略な市場テストである。また、ソフトウェア開発におけるMVPの開発とリリースは、Webアプリケーション開発に共通のRapid Application Developmentツールと言語によって支えられる。

MVPは、多大な時間と金銭的な投資をして製品を本開発する前に、市場がその製品を本当に求めているかどうかを確実に評価することを目的としている。そのため、MVPは市場テストを実施する前に早期から製品開発に時間と金銭的な投資をする従来の市場テストとは異なる。また、MVPはプロダクトビジョンから始まり、そのビジョンは製品のライフサイクルを通じて維持されるが、潜在的な見込み顧客からの明示的および暗黙的なフィードバックに基づいて徐々に適応される。そのため、MVPは、ユーザーの声に耳を傾け、ユーザーに製品の機能とその将来像を定義させるrelease early, release oftenのオープンソースソフトウェア方法論とも異なる[2]

MVPは、顧客のフィードバックに基づいた製品の継続的で反復的改良に焦点を当てたブランクの顧客開発方法論の一部として使用できる戦略である。さらに、A/BテストなどのWebベースの統計的仮説検定を使用して、存在しない製品および機能のプレゼンテーションを改良することもできる。

ビジネスモデル・キャンバス[編集]

ビジネスモデル・キャンバスは、新規事業やスタートアップ企業に必要な要素と活動をマッピングするために使用される。MVPはビジネスモデルキャンバスの以下の要素を使用して設計できる[12]

  • 顧客セグメント
  • 提供価値
  • チャンネル
  • 顧客との関係

矛盾[編集]

アンドレア・コンティジャーニ博士の博士論文の研究では、MVPの早期リリースは競合他社による模倣のリスクを負い、模倣に対する障壁を確立していない場合に企業を傷つける可能性が高いことを示唆している。彼はまた、MVPに関する否定的なフィードバックが企業の評判に悪影響を及ぼす可能性があるとも述べた[13]

新たな応用[編集]

MVPの概念は、スタートアップや組織の他の側面にも適用されている。

実用最小限のブランド (Minimum viable brand, MVB)[編集]

実用最小限のブランド(MVB)を使用すると、ブランドに関する仮説が戦略的意図と市場インサイトに基づいているかどうか実証できる[14]

実用最小限の共同創業者 (Minimum viable co-founder)[編集]

実用最小限の製品を作成するための協業者を見つけることは、新しい会社やスタートアップにとって共通の課題である。実用最小限の共同設業者のコンセプトは、次の属性を持つ共同設業者を探すことに基づいている[15]

  • 信頼
  • 卓越した開発もしくは営業能力
  • 会社へのコミットメント
  • 好感が持てる
  • 生産的
  • フェア
  • 合理的
  • 現実的

実用最小限のチーム[編集]

黎明期の会社を持つ創業者は、最小限の人員とコストでチームを構築するという課題を持つ。 このプロセスは、特定の会社の基本的な機能(エンジニアリング、オペレーション、財務、など)を洗い出すことから始まり、その後、会社運営に必要な抽象的な活動とスキルに絞り込まれる[16][17]

批判[編集]

顧客はアプリストアなどのプラットフォームを介して競合製品へ簡単に乗り換えることができるため、モバイルおよびデジタル製品の開発者の多くはMVPを批判するようになった[18]。また、想定される最低限の品質を提供しない製品は、より高い基準で市場に参入する競合他社よりも劣ってしまう。このようなMVPに対する批判から、次のような新しいアプローチが提唱された:実用最小限の実験(MVE)[19]、Minimum Awesome Product (MAP)[20]、 Simple, Lovable, Complete[21]

脚注[編集]

  1. ^ What is a Minimum Viable Product (MVP)? - Definition from Techopedia” (英語). Techopedia.com. 2019年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c Minimum Viable Product: a guide”. 2019年12月4日閲覧。
  3. ^ a b Minimum Viable Product(実用最小限の製品) -- 最大限に誤解された概念|Slalom Consulting(スラローム・コンサルティング)|note” (日本語). note(ノート). 2019年12月4日閲覧。
  4. ^ Minimum Viable Product | SyncDev”. www.syncdev.com. 2019年12月4日閲覧。
  5. ^ Venture Hacks interview: "What is the minimum viable product?"”. 2019年12月4日閲覧。
  6. ^ Steve Blank Perfection By Subtraction – The Minimum Feature Set” (英語). Steve Blank (2010年3月4日). 2019年12月4日閲覧。
  7. ^ Holiday, Ryan (2015年4月1日). “The Single Worst Marketing Decision You Can Make” (英語). The Next Web. 2019年12月4日閲覧。
  8. ^ Defining MVP, MMF, MMP, and MMR” (英語). Disciplined Agile (DA) (2017年12月27日). 2019年12月5日閲覧。
  9. ^ Minimum Viable Product rant”. web.archive.org (2014年3月23日). 2019年12月5日閲覧。
  10. ^ a b Steve Blank Perfection By Subtraction – The Minimum Feature Set” (英語). Steve Blank (2010年3月4日). 2019年12月5日閲覧。
  11. ^ Lenarduzzi, Valentina; Taibi, Davide (August 2016). “MVP Explained: A Systematic Mapping Study on the Definitions of Minimal Viable Product”. 2016 42th Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA). Cyprus.: 112–119. 
  12. ^ The Four Parts of a Minimum Viable Product” (英語). GrasshopperHerder.com (2014年4月15日). 2019年12月6日閲覧。
  13. ^ Podcasts. “The Limitations of Lean Startup Principles” (英語). Knowledge@Wharton. 2019年12月6日閲覧。
  14. ^ “Start-Ups Need a Minimum Viable Brand”. Harvard Business Review. https://hbr.org/2014/06/start-ups-need-a-minimum-viable-brand 2017年9月20日閲覧。 
  15. ^ Shah, Dharmesh. “Choosing A Minimally Viable Co-Founder” (英語). www.onstartups.com. 2019年12月6日閲覧。
  16. ^ Minimum Viable Team > Minimum Viable Product” (英語). GrasshopperHerder.com (2011年10月11日). 2019年12月6日閲覧。
  17. ^ Minimum Viable Team” (英語). This is going to be BIG.... 2019年12月6日閲覧。
  18. ^ Beneyto, Carlos (2019年3月10日). “The MVP is dead, long life to the MAP. (Minimum Awesome Product)” (英語). Medium. 2019年12月6日閲覧。
  19. ^ Cohn, Steven (2015年1月28日). “Death to the Minimum Viable Product!” (英語). Validately. 2019年12月6日閲覧。
  20. ^ Minimum Awesome Product – Warum das MAP das MVP abgelöst hat” (ドイツ語). fluidmobile. 2019年12月6日閲覧。
  21. ^ I hate MVPs. So do your customers. Make it SLC instead.” (英語). @ASmartBear (2017年8月22日). 2019年12月6日閲覧。

関連項目[編集]