実践 (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

実践: 实践: Shi Jian, SJ)は中華人民共和国人工衛星シリーズ。技術試験や科学探査などを目的とするが、詳細は不明なことが多い。

シリーズ初の実践1号は1971年に打ち上げられ、継続的に打ち上げられている。1号から16号が存在し、3号[1]および10号、13号、14号は不明。

実践1号[編集]

1971年3月3日、実践1号が酒泉衛星発射センターから長征1号ロケットによって打ち上げられた[2]。太陽光発電や熱制御などの各種技術実証試験を行ったほかX線宇宙線の測定を行い、軌道上で8年間稼働した[3]

東方紅1号に続きこれが中国で2機目の人工衛星となった。

実践2号[編集]

1981年9月19日、実践2号、実践2号A(実践2号甲)、実践2号B(実践2号乙)の3機が酒泉衛星発射センターから風暴1号ロケットによって同時に打ち上げられた[4]。目的は技術実証とされる[4]

この打上げが風暴1号ロケットの最後の打ち上げとなった。

実践4号[編集]

1994年2月8日、実践4号が西昌衛星発射センターから長征3号Aロケットによって打ち上げられた[5]静止トランスファ軌道に投入され、荷電粒子などを計測して宇宙放射線環境が宇宙船へ与える影響を調査した[6]夸父一号の模擬衛星も同時に打ち上げられた。

この打上げは長征3号Aロケット初の打上げであった。

実践5号[編集]

1999年5月10日、実践5号が風雲1号Cと共に太原衛星発射センターから長征4号Bロケットによって打ち上げられた[7]

CAST968衛星バスを基礎とし、宇宙探査科学実験、衛星バス技術といったことを目的とする300kg程度の小型衛星である[7]。主に宇宙空間の荷電粒子測定やSバンド高速データリンク送信機の試験、大容量固体ストレージ試験、流体科学実験を目的として設計された[7]

実践6号[編集]

実践6号はAからHの8機が存在する。宇宙環境・放射線、およびその効果を調べ、宇宙の物理環境パラメータを記録し、宇宙実験を行うためのシリーズだったといわれる[8]

衛星のミッションにはELINT技術試験も含まれていた可能性がある[8]。打上げは全て太原衛星発射センターから長征4号Bによって行われた[8]

名称 打ち上げ年月日 発射場 ロケット
実践6号A 2004年9月9日 太原 長征4号B
実践6号B
実践6号C 2006年10月24日 太原 長征4号B
実践6号D
実践6号E 2006年10月25日 太原 長征4号B
実践6号F
実践6号G 2010年10月6日 太原 長征4号B
実践6号H

実践7号[編集]

2005年7月5日に酒泉衛星発射センターから長征2号Dによって打ち上げられた[9]

実践8号[編集]

2006年9月9日に酒泉衛星発射センターから長征2号Cによって打ち上げられた[10]

返回式衛星タイプの機体を元にした大気圏再突入可能な衛星で、215kg分の植物の種子や菌類を宇宙環境にさらすために使用された(生物衛星[10]

近地点187キロ、遠地点463キロの地球低軌道を周回し、突然変異育種実験や機序研究など宇宙空間での試験を行った後、打上げから15日間後の9月24日、実践8号の回収船が四川省遂寧市の予定回収区域に落下した。一方の軌道船はバッテリーが持つまで軌道上を運行し、宇宙空間の微小重力科学実験任務を引き続き遂行した [11]

実践9号[編集]

実践9号AとBは2012年10月14日にデュアル・ローンチで打ち上げられた技術実証衛星。CAST-2000バスを元に製造された実践9号Aは軌道上で電気推進、高精度・安定制御システム、高効率電力供給、先進熱処理技術の実験を行い、地球観測機器も搭載するもよう[12]。一方CAST-100バスを使用した実践9号Bは、冷却装置を備えた長波長赤外線(LWIR)カメラを搭載している[13]

実践11号[編集]

7機が個別に打ち上げられ、うち1機が打上げに失敗[14]

実践11号は中国航天科技集団公司所属の東方紅衛星公司が開発・製造した科学衛星で、主に軌道上で宇宙科学研究と技術試験などに使用される[15]

ただ詳細は明らかにされておらず、実験的な早期警戒衛星コンステレーションではないかという推測もある[14]

名称 打ち上げ年月日 発射場 ロケット 成否
実践11号01星 2009年11月12日 酒泉 長征2号C 成功
実践11号02星 2011年7月29日 酒泉 長征2号C 成功
実践11号03星 2011年7月6日 酒泉 長征2号C 成功
実践11号04星 2011年8月18日 酒泉 長征2号C 失敗
実践11号05星 2013年7月15日 酒泉 長征2号C 成功
実践11号06星 2014年3月31日 酒泉 長征2号C 成功
実践11号07星 2014年9月28日 酒泉 長征2号C 成功

実践12号[編集]

2010年6月15日に酒泉衛星発射センターから長征2号Dによって打ち上げられた[16]

ランデブー技術のための衛星で、2010年8月に実践6号Fとランデブーを行った[16]。衛星同士の物理的な接触もおそらく達成されたとされる[16]

実践15号[編集]

2013年7月19日(UTC)に太原衛星発射センターから長征4号Cによって創新3号と試験衛星7号と共に打ち上げられた。

実践16号[編集]

2013年10月25日午前11時50分に酒泉衛星発射センターから長征4号Bによって打ち上げられた[17]

参考文献[編集]

  1. ^ 中国の宇宙活動について(PDF), 富窪高志
  2. ^ SJ 1”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  3. ^ 实践一号卫星(SJ-1)”. 中国国家航天局. 2014年4月6日閲覧。
  4. ^ a b SJ 2”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  5. ^ SJ 4”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  6. ^ 实践四号卫星(SJ-4)”. 中国国家航天局. 2014年4月6日閲覧。
  7. ^ a b c SJ 5”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  8. ^ a b c SJ 6A, 6B, 6C, 6D, 6E, 6F, 6G, 6H”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  9. ^ SJ 7”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  10. ^ a b SJ 8”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  11. ^ “回収船の回収に成功 育種衛星「実践8号」”. 中国通信社. (2006年9月25日). http://www.china-news.co.jp/node/1337 2011年9月3日閲覧。 
  12. ^ SJ 9A”. Gunter's Space Page. 2014年4月6日閲覧。
  13. ^ SJ 9B”. Gunter's Space Page. 2014年4月6日閲覧。
  14. ^ a b SJ 11”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  15. ^ “中国、科学衛星「実践11号04星」の打ち上げに失敗”. sorae.jp. http://www.sorae.jp/030809/4477.html 2011年9月3日閲覧。 
  16. ^ a b c SJ 12”. Gunter's Space Page. 2011年9月3日閲覧。
  17. ^ 中国、実験衛星「実践16号」打ち上げ成功 新華社新華網 2013-10-25

関連項目[編集]