実録飛車角 狼どもの仁義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
実録飛車角 狼どもの仁義
監督 村山新治
脚本 佐治乾
原案 飯干晃一
製作 橋本慶一(企画)
出演者 菅原文太
音楽 小杉太一郎
撮影 赤塚滋
編集 神田忠男
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗1974年10月5日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

実録飛車角 狼どもの仁義』(じつろくひしゃかく おおかみどものじんぎ)は、1974年10月5日東映で公開された日本映画。カラー、シネマスコープ、93分。

概要[編集]

尾崎士郎の自伝的大河小説『人生劇場』「残侠篇」[1]の登場人物である侠客・飛車角こと、小山角太郎のモデルとされる石黒彦市の生涯を描く[2]関東大震災から一年後の横浜を舞台に『人生劇場』を実録風アレンジした奇妙な作品[3]

あらすじ[編集]

関東大震災で96%の家屋が焼失し、2万4千人が死者行方不明となった横浜。新潟からやって来た石黒彦市はやくざの村山組の仕切るゴンゾウ部屋(荷揚げ労働者の寄場)に転がり込み、沖仲士として働きながら賭場に出入りするようになっていた。震災で港は壊滅状態になり沖仲士は皆失職した。彦市は決め事の多いやくざのしきたりを嫌がってを受けようとせず、己の力と暴力のみを信じて生きる決意をする。震災後の青空で開催される賭場を風のように現れて掛け金を全てぶんどり、そんな賭場荒らしの手口から"ぶったぐりの彦"と恐れられ、ハマの一匹狼として有名になっていく。

キャスト[編集]

  • 石黒彦市:菅原文太
  • おきみ:中川梨絵
  • 赤坂トッピン:渡瀬恒彦
  • ぽっかり春:待田京介
  • 岩田竜堂:内田良平
  • 誘拐清水:石橋蓮司
  • 村山隆造:大滝秀治
  • 桐川猪一郎:室田日出男
  • つね安:曽根晴美
  • 伊藤鉄火:田中浩
  • 仙谷万造:楠本健二
  • 佐竹:林彰太郎
  • カルメンのお雪:橘麻紀
  • 亡蛇の三吉:川谷拓三
  • 神保慶三:南道郎
  • 谷口:西田良
  • 臼井亀吉:汐路章
  • ナレーター:小松方正
  • 尾形:有川正治
  • バカ鉄:大前均
  • 住谷:成瀬正孝
  • 馬丁:平沢彰
  • 伊原:松本泰郎
  • 津曲:志賀勝
  • 梅田:高並功
  • 小滝:大木晤郎
  • 鉄血社の男:久田雅臣
  • 江島:沢美鶴
  • 嶋津:舟橋竜次
  • 街頭賭博の胴元:秋山勝俊
  • 大津屋の主人:蓑和田良太
  • 浅井:野口貴史
  • トッピンの女:奈三恭子
  • 神保の妾:林三恵
  • 住人:丸平峰子
  • 女郎:星野美恵子
  • 遣り手婆:日高綾子
  • 誘拐された女:堀めぐみ
  • 犯された女:橘三千代
  • 賭場の貸元:小田真士
  • 久保原:浪花五郎
  • 馬丁:木谷邦臣
  • 不良学生:司裕介、氷室浩二
  • 女衒:宮城幸生
  • 脱走囚人:小峰一男
  • ボーイ:北川俊夫
  • 鉄血社の男:鳥巣哲生
  • 岡安の子分:奈辺悟
  • 彦市を撃つ男:大矢敬典
  • 村岡健次(モデル=岡村吾一):小林旭
  • 以下ノンクレジット
  • ゴンゾウ部屋の男:藤長照夫、片桐竜次、壬生新太郎、峰蘭太郎、藤本秀夫
  • ゴンゾウ部屋の男・街頭賭博の客:福本清三
  • 街頭賭博の客:畑中伶一、平河正雄、佐川秀雄
  • 署長:那須伸太朗
  • 巡査:藤沢徹夫
  • バーの客:疋田泰盛
  • ボーイ:細川純一
  • 賭場の客:矢部義章

スタッフ[編集]

  • 企画:橋本慶一
  • 原案:飯島晃一
  • 監督:村山新治
  • 脚本:佐治乾
  • 撮影:赤塚滋
  • 美術:鈴木孝俊
  • 音楽:小杉太一郎
  • 録音:溝口正義
  • 照明:金子凱美
  • 編集:神田忠男
  • 助監督:土橋亨

製作[編集]

飯干晃一が、国がヤクザを利用しようとしていた昭和初めに、一人だけそっぽを向いたといわれる石黒彦市に興味を持ち、横浜を中心に取材し『週刊現代』に『昭和残侠伝 狼どもの仁義』というタイトルの小説を連載した[2][4]。連載の初回に誌上で「『人生劇場』に飛車角こと小山角太郎として出てくる男のモデル・石黒彦市を描いたものだが、石黒は"ぶったぎりの彦"ではあっても、飛車角のイメージを壊すことを恐れるので、石黒彦市の名で通す」と断りを掲載した[2]。本作はこれを原作とする映画であったが、映画化に際し、岡田茂東映社長がタイトルを『実録飛車角 狼どもの仁義』に改題し[2]、「飛車角のモデル・石黒彦市の素顔を実録路線で暴く。彦市が義理と人情の侠客どころか、賭場荒らしの無法者として描く」などと発表したため[2]、尾崎士郎の未亡人・尾崎清子がビックリして抗議し「小説に出てくる人物はすべて尾崎が創作したもの。飛車角は、石黒彦市の一部は取り入れているかもしれないが、実際は何人ものモデルを使い、侠客の理想像として描いたものです。今回は原作が別にせよ、その飛車角の名前を使われたら大変迷惑。飯干さんには直接、東映には人を立てて、飛車角の名前だけはお使いにならぬよう申し入れました」と話した[2]。これを受け、飯干は「先月シノプシスが出来た際、"飛車角"のタイトルがついていたので、あれは尾崎さんの作った人物だからタイトルに使わないようにと東映に言ってある」と話した[2]。ところが岡田社長が「興行はタイトルで決まる」と"飛車角"で押す方針を撤回せず[2]、「尾崎原作と飯干原作が重複しているところはあるが『人生劇場』をやるわけではない。石黒が飛車角と呼ばれた男の一人であることは確か」と話し[2]、その後の経過は不明だが結局、タイトルは『実録飛車角 狼どもの仁義』で公開された。

同時上映[編集]

任侠花一輪

興行[編集]

1960年代後半から燻り続けていた東映の岡田茂社長と俊藤浩滋プロデューサーの製作方針を巡る対立が1973年初頭に表面化[5][6][7][8]。1973年東映ラインアップに岡田がギャラの高い割にお客の入らない鶴田浩二高倉健を外して[6][7][9]、菅原文太や梅宮辰夫千葉真一松方弘樹渡瀬恒彦安藤昇梶芽衣子池玲子杉本美樹谷隼人中村英子ら、次世代スターをフル回転させ、新路線開拓を狙うラインアップを組むと発表したことで[9]、鶴田と高倉をかこっていた俊藤の怒りが爆発した[6][5][7]。同年3月、関東東映会の佐々木進会長を立て表面上の和解がなされたが[6][7][10][11]、実際は和解しておらず[12]、新聞誌上で岡田を誹謗した鶴田は[13]、一年半、映画を干された[14][15]。高倉も岡田から高倉プロの撤回を要求されて確執があり[16][17]、東映作品の出演を拒むようになっており[5][16]、この騒動の時にトップスターたちのテレビや他社出演も従来より柔軟な姿勢で対処していくという申し合わせがなされたが[5]、俊藤派の高倉が東宝に貸し出しされて製作された『無宿』に、岡田派が同時期、本作『実録飛車角 狼どもの仁義』をぶつけた[18]。菅原文太も俊藤派と見なされていたが、先のお家騒動で、岡田と俊藤の板挟みに苦しんだ菅原は、沈黙を貫き、お咎めなしになっていた[18]

映像ソフト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎士郎記念館 - 西尾市役所 第10回「人生劇場 -義理と人情- 」
  2. ^ a b c d e f g h i “東映『実録飛車角 狼どもの仁義』に待った 夫が創作した人物像こわす 尾崎士郎未亡人が抗議”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7. (1974年2月2日) 
  3. ^ 実録やくざ映画大全 2013, pp. 141-143.
  4. ^ 東映実録バイオレンス 2018, pp. 122-125.
  5. ^ a b c d “東映、お家騒動のてんまつ記 社長と俊藤プロデューサー対立 "路線"で波紋、両者話し合いで一件落着”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1973年3月6日) 
  6. ^ a b c d 井沢淳・高橋英一・鳥畑圭作・土橋寿男・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル 和解へ向かう"鶴田・高倉"問題」、『キネマ旬報』1973年4月上旬号、キネマ旬報社、 174 - 175頁。「映画界の動き 東映の製作方針対立和解す」、『キネマ旬報』1973年4月上旬号、キネマ旬報社、 150頁。
  7. ^ a b c d 「《話題の裏窓》 "お家騒動"が一見落着した東映 岡田社長と俊藤氏の和解は果たして本物か」、『実業界』1973年3月号、株式会社実業界、 82 - 83頁。
  8. ^ 映画界のドン 2012, pp. 81-82.
  9. ^ a b 「映画界の動き 東映の73年度経営方針」、『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。
  10. ^ あかんやつら 2013, pp. 324-325.
  11. ^ 日下部五朗 『シネマの極道 映画プロデューサー一代』 新潮社2012年、77-78頁。ISBN 978-4103332312。俊藤浩滋山根貞男 『任侠映画伝』 講談社1999年、228-231、239-240頁。ISBN 4-06-209594-7。岡田茂 『波瀾万丈の映画人生 岡田茂自伝』 角川書店2004年、220 - 221頁。ISBN 4-04-883871-7。
  12. ^ 「《ウの目タカの目》 むしろこれから東映のお家騒動」、『週刊文春』1973年3月26日号、文藝春秋、 27頁。
  13. ^ 「古いやつ、鶴田浩二がヤクザ映画に帰ってきた」、『週刊現代』、講談社、1976年12月16日号、 36頁。
  14. ^ 「苦節一年半"男の涙" 鶴田浩二スクリーン復帰の舞台裏」、『週刊ポスト』、小学館、1974年7月19日号、 52頁。河原畑寧「洋画ファンのための邦画ジャーナル 藤純子も出演か?東映オールスター大作『あゝ決戦航空隊』」、『ロードショー』1974年8月号、集英社、 230頁。
  15. ^ 映画界のドン 2012, pp. 51.
  16. ^ a b 「悪化する高倉健と東映のいがみ合い」、『サンデー毎日』、毎日新聞社、1974年11月12日号、 50頁。
  17. ^ 脇田巧彦「映画・私生活・ファンのこと 『総長への道』撮影中の高倉健にきく」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1971年3月20日増刊号 任侠映画大全集、 78 - 81頁。
  18. ^ a b 「『今も乞食稼業』東映の切札・菅原文太」、『週刊文春』1974年4月2日号、文藝春秋、 170-171頁。「実録・無宿の高倉健さん」、『週刊文春』1974年10月14日、文藝春秋、 18頁。

参考文献[編集]