実録 私設銀座警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

実録 私設銀座警察(じつろく しせつぎんざけいさつ)は1973年(昭和48年)7月4日に公開された日本映画。製作は東映。昭和21年(1946年)、戦後の混乱の中で復興に著しい銀座を舞台にした、暴力団の興亡を描く。


概要[編集]

戦後。三国人や米兵がのさばるようになった銀座にて博徒である宇佐美義一。退役兵である池谷三郎、樋口勝、岩下敏之は、鬱憤を晴らすために「私設銀座警察」なる暴力グループを結成し、三国人が住む集落を襲撃した事件の後、退役兵である渡会菊夫を鉄砲玉として銀座を仕切っていた中根兄弟との抗争に勝利し、銀座の裏社会の顔役となる。

しかし、池谷と宇佐美がシノギのことで中国人と公団職員が経営するキャバレー絡みの利権から内部抗争を起こし、「私設銀座警察」は暴力とセックスにまみれた破滅の道を歩んでいく。

スタッフ[編集]

  • 企画:吉田達
  • 脚本:神波史男松田寛夫
  • 撮影:仲沢半次郎
  • 録音:井上賢三
  • 照明:川崎保之丞
  • 美術:北川弘
  • 音楽:日暮雅信
  • 編集:長沢嘉樹
  • 助監督:福湯通夫
  • 記録:勝原繁子
  • 擬斗:日尾孝司
  • スチール:遠藤努
  • 進行主任:志村一治
  • 装置:小早川一
  • 装飾:米沢一弘
  • 美粧:入江荘二
  • 美容:宮島孝子
  • 衣装:河合啓一
  • 演技事務:石原啓二
  • 現像:東映化学
  • 写真提供:毎日新聞社
  • 監督:佐藤純彌

キャスト[編集]

同時上映[編集]