宣阿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
香川景継
時代 江戸時代中期
生誕 正保4年(1647年
死没 享保20年9月22日1735年11月6日
改名 景継→宣阿
別名 三十郎、吉助、木工允、隣善、一枝軒、淵龍、梅月堂
墓所 京都市左京区東大路通二条下ル北門前町 聞名寺
主君 吉川広嘉広紀徳大寺家
周防国岩国領
氏族 香川氏
父母 父:香川正矩 
兄弟 正経、景継
景新

宣阿(せんあ)は、江戸時代中期の武士、歌人。諱は景継(かげつぐ[1]

略歴[編集]

吉川家家老の香川正矩の次男として生まれ、延宝元年(1673年)に上洛した。初め儒学者として活動したが、貞享4年(1687年)に出家したのを契機として歌人に転じ、二条派清水谷実業三条西家一門)や冷泉家に師事[2]歌道二条派地下(じげ)宗匠として梅月堂を創始した。和歌は、時衆の文学史とも深く関わった。歌集に『水雲集』がある。一条烏丸の西入町に本拠を構えた[3]

宣阿と陰徳太平記[編集]

宣阿は『陰徳太平記』の著者として有名であるが、その原典である『陰徳記』は宣阿の父、香川正矩が執筆していたものである。万治3年(1660年)に父の正矩が執筆半ばにして逝去。父の遺志を継いだ景継は京都に遊学、執筆を続ける。寛文5年(1665年)兄・香川正経は、岩国出身の儒学者宇都宮三近に依頼し、『陰徳記序』を執筆させている。元禄8年(1695年)景継は『陰徳記自序』を書いており、この頃に『陰徳太平記』は完成していたと考えられている。

元禄11年(1698年)岩国藩の検閲を経て、宝永3年(1706年)出版許可、正徳2年(1712年)出版に至った[4]

人物・評価[編集]

「一条の今西行」と評されていた[5]

著作[編集]

  • 『陰徳記自序』
  • 『陰徳太平記』
  • 『草庵和歌集蒙求諺解』
  • 『水雲集』

脚注[編集]

  1. ^ 人物叢書『香川景樹』15頁
  2. ^ 人物叢書『香川景樹』15頁
  3. ^ 人物叢書『香川景樹』16頁
  4. ^ 人物叢書『香川景樹』15頁
  5. ^ 人物叢書『香川景樹』16頁

参考資料[編集]

  • 『正徳二年板本 陰徳太平記』 笹川祥生・松田修著
  • 『歌人梅月堂宣阿』 渡辺隆一著
  • 上智大学国文学論集26号『初代梅月堂香川宣阿のこと』 神作研一著
  • 兼清正徳『香川景樹』(吉川弘文館人物叢書) ISBN 4-642-05131-7

関連項目[編集]