室木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
室木駅
むろき
Muroki
八尋 (1.8km)
所在地 福岡県鞍手郡鞍手町大字室木
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 室木線
キロ程 11.2km(遠賀川起点)
電報略号 ムロ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1908年明治41年)7月1日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

室木駅(むろきえき)は、かつて福岡県鞍手郡鞍手町大字室木に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)室木線廃駅)である。室木線の廃止に伴い、1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1908年(明治41年)7月1日 - 国鉄の遠賀川駅 - 当駅間(後の室木線)開業と同時に、新設。一般駅
  • 1974年(昭和49年)3月5日 - 荷物の取り扱いを廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。(注: 上記とのどちらかが「貨物の取り扱いを廃止」の誤りと思われる)
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 室木線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

廃止時は1面1線の単式ホームを有する無人駅で、本線のほか機回し線があった。駅舎は、開業時からのものであった。

駅周辺[編集]

輸送量・収入[編集]

年度 旅客(人) 貨物量(トン) 旅客収入(円) 貨物収入(円)
1924 33,449 55,806 12,381 44,721
1928 22,039 32,551 7,266 28,030
1931 19,267 54,517 5,112 41,472
1935 18,883 51,001 4,782 42,900
  • 福岡県統計書各年度版より

その他[編集]

石炭産業の衰退後、山陽新幹線建設資材の搬入地として多数の側線が敷かれたが、工事の終了とともに側線も撤去された。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
室木線
八尋駅 - 室木駅

関連項目[編集]