室津半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
室津半島
上関大橋

室津半島(むろつはんとう)は、山口県の南東部、瀬戸内海周防灘に突出した半島である[1]熊毛半島(くまげはんとう)[2]ともいう。

地理[編集]

広島湾に面する東側が柳井市に、周防灘に面する西側は北半分(根元)が平生町、南半分(先端部)は、上関大橋で結ばれた長島を含めて上関町に属する[1]。半島の自治体である柳井市・上関町・平生町のほか、半島東側に位置する周防大島町を含めた1市3町が半島振興法に基づく半島振興対策実施地域の一つ「室津大島地域」として指定されている[3]

半島南端の室津と対岸の上関は中世以降は内航路の港町・風待ち港として繁栄した[2]。現在は温暖な気候と斜面を利用したミカン栽培、沿岸では漁業が盛んである[2]。南端の皇座山(標高526メートル)は瀬戸内海国立公園の特別地域に指定されている[4]

交通[編集]

半島の西岸(柳井市側)を県道柳井上関線が、東岸(平生町側)を県道光上関線が走り、共に半島の重要な交通となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b 室津半島”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2018年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c 熊毛半島”. デジタル大辞泉. 2018年12月10日閲覧。
  3. ^ 室津大島地域半島振興計画 概要 (PDF) - 山口県中山間地域づくり推進課、2018年12月10日閲覧。
  4. ^ 瀬戸内海国立公園 (PDF)”. 環境省. 2018年12月10日閲覧。

関連項目[編集]


座標: 北緯33度52分 東経132度08分