室津島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
室津島
Murotsujima CHO932-C7-2.jpg
1993年7月14日撮影の航空写真。中央に見える岩礁群のうち最も高い北西の岩島が森磯島、神社と灯台がある東の岩島が水上岩である。また北北東の隅には岩礁群「おかノハッピ」が見える。国土地理院地図・空中写真閲覧サービス[1]の画像より抜粋。
所在地 日本の旗 日本
所在海域 日本海
座標 北緯42度0分52.6秒 東経139度27分6.2秒 / 北緯42.014611度 東経139.451722度 / 42.014611; 139.451722座標: 北緯42度0分52.6秒 東経139度27分6.2秒 / 北緯42.014611度 東経139.451722度 / 42.014611; 139.451722
面積 0.017 km²
最高標高 10 m
室津島の位置(北海道南部内)
室津島
室津島の位置(北海道内)
室津島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

室津島(むろつじま、むろつしま)とは、北海道奥尻郡奥尻町に属する奥尻島の南端、青苗岬の南約4kmに浮かぶ無人の岩礁群である。

概要[編集]

森磯島(最高標高10m)・水上みずかみ岩(最高標高6m)・無名むめい島のほか、北東に位置する岩礁群「おかノハッピ」や「沖ノハッピ」などにより構成される。水上岩には大錦津見神を祭神とする室津島神社(2006年再建[1])と室津島灯台(1968年初灯)がある。

周辺海域はアワビイカタラなどの漁場として知られる[1]。毎年7月19日から20日に奥尻島青苗漁港で行われる室津祭の際、青苗の漁業者が漁船を連ねて渡島し、豊漁と海上安全を祈願している。

1920年代前半までは30頭ほどのトドの上陸が確認されていたが、その後は見られなくなっている[2]

海上自衛隊掃海艇むろつの名称は、この室津島に由来する。

歴史[編集]

『蝦夷地名解』(北海道立文書館所蔵)では、「ムルチ島」について奥尻島の「アヲナイサキ」から1程南の方にあり「周回」は1里あまりとしている。また「私領之節二月頃より四月頃まてヲツトセイをとる」との記述も見える。

文政9年(1826年)頃の作と推定される高橋景保の蝦夷図には「ムルヂ」として記載されている[3]

天保4年(1833年)に奥尻島を調査した今井八九郎による『奥尻島測量製図』では、「アヲナイ」から「凡一里半ヨ」の距離に「モリエシヨ」が記されている[4]

弘化3年(1846年)の調査記録である松浦武四郎の著書『再航蝦夷日誌』では、「モシリショ島」(原文ママ)ついて奥尻島から「凡壱里も隔つと思わる」としており、また「膃肭臍多く住るよし」としている[5]

安政5年(1858年)頃の作と推定される薮内於莵太郎著『蝦夷全地』所収の地図では、「字モロチシマ」「廻廿丁」とあり大小二つの島を描いている。また奥尻島の「アカ川」および「アヲナイ岬」から「渡海凡一里」であるとしている[6]

安政6年(1859年)には米国商船スプリング号が座礁し、乗組員が上陸した記録が残る。

1896年刊行の『檜山爾志久遠奥尻太櫓瀬棚郡役所管内之図』では、室津島と森磯島の名称が見える[7]

1898年刊行の『日本水路誌』には「室津モロツノ島」として見え、「黒岩ノ数多塊ヨリ成リ其内最高キモノハ高潮面上高サ二十五」とある[8]

1917年の測量図では室津島のほか沖ノハッピの名称が記載されている[9]。また1928年刊行の海図では室津島(Murotu Sima)・森磯島・沖ノハッピの名称が記載されている[10]

2004年9月の平成16年台風第18号では高波によって神社が流出した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「台風で流出 奥尻・室津島の神社 海の守り神再建 漁師ら70人作業 来月祭りで完成お祝い」『北海道新聞』2006年6月17日付朝刊渡桧版28面。
  2. ^ 平成27年度国際漁業資源の現況57 トド 北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海 水産庁水産総合研究センター
  3. ^ NDLJP:1286172
  4. ^ 今井八九郎北方測量関係資料 e国宝 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財
  5. ^ 日本歴史地名大系』第1巻(北海道の地名)、平凡社、2003年、456頁。ISBN 978-4-582-49001-5
  6. ^ 西蝦夷地ヲクシリ島絵図面 北方資料データベース
  7. ^ 檜山爾志久遠奥尻太櫓瀬棚郡役所管内之図 北方資料デジタル・ライブラリー
  8. ^ 『日本水路誌』第5巻(北洲全部及北島諸島)、海軍省水路部、1898年、164頁。NDLJP:847181
  9. ^ 久遠十二号 奥尻西南部 外邦図デジタルアーカイブ
  10. ^ 海図10号 津軽海峡 外邦図デジタルアーカイブ

参考文献[編集]

  • 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版、2004年7月、財団法人日本離島センター、ISBN 4931230229