室生朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

室生 朝子(むろう あさこ、1923年8月27日 - 2002年6月19日)は、日本随筆家

人物[編集]

東京府出身。室生犀星の長女。聖心女子学院専門部中退。犀星の長編『杏つ子』にも登場する。

一度結婚したが離婚、父との思い出を「あやめ随筆」に書いた[1]のをはじめ、犀星が没した直後の1962年に、父について小説「赤とんぼ記」を書き、以後も父に関する随筆、釣り、紀行などについて著書を刊行している。

軽井沢高原文庫の理事を務め、森鷗外の娘・森茉莉萩原朔太郎の娘・萩原葉子とも親しい関係にあった[2]

2002年6月19日、東京都文京区の病院にて、呼吸不全のため死去[3]。78歳没。

著書[編集]

  • あやめ随筆 (五月書房 1959年)
  • 母そはの母 (随筆集 東都書房 1960年)
  • 赤とんぼ記 (講談社 1962年)
  • 晩年の父犀星 (講談社 1962年 のち角川文庫講談社文芸文庫 1998年)
  • 杏の木 (三月書房 1966年)
  • 追想の犀星詩抄 (講談社 1967年)
  • 父室生犀星 (毎日新聞社 1971年 のち三笠書房・知的生き方文庫)
  • 雪の墓 (冬樹社 1973年)
  • 猫のうた (PHP研究所 1973年)
  • 私の釣りの旅 (立風書房 1974年)
  • 石仏の里にて (随筆 鎌倉書房 1978年7月)
  • 釣りのうたげ (二見書房(釣魚名著シリーズ) 1979年7月)
  • 金沢そして能登 四季との語らい (主婦の友社(Tomo選書) 1980年2月)
  • 父犀星の秘密 (毎日新聞社 1980年8月)
  • あの町この味 手づくりに出会う旅 (徳間書店(現代史出版会) 1981年4月)
  • うち猫そと猫 (立風書房 1982年8月)
  • 詩人の星遥か 父犀星を訪ねて (作品社 1982年7月)
  • 花の歳時暦 (講談社 1984年11月)
  • 室生朝子の加賀づくし 城下町・金沢へのいざない (毎日新聞社 1984年4月)
  • 私の石仏の旅 (立風書房 1985年11月)
  • わたしの古寺巡礼 (新人物往来社 1985年10月)
  • 父犀星と軽井沢[4](毎日新聞社 1987年10月)
  • 父犀星の贈りもの (光文社文庫 1987年10月)
  • 秩父古寺を歩く (新人物往来社 1987年7月)
  • 大森・犀星・昭和 (リブロポート 1988年4月)
  • 七福神巡礼 (青弓社 1989年12月)
  • 父犀星の俳景 (毎日新聞社 1992年3月)
  • 鯛の鯛 (紅書房 1997年12月)

参考資料[編集]

  • 日本人名大辞典

脚註[編集]

  1. ^ いくつかの「詩集」や『室生犀星句集』(北国出版社、1977年)、『室生犀星全王朝物語』(上下、作品社、1982年)を編んでいる。
  2. ^ 朝子の随筆集『猫のうた』には森茉莉、萩原葉子との交流が記されている。
  3. ^ 室生朝子さん死去 随筆家 室生犀星の長女 共同通信 47News 2002年6月20日閲覧
  4. ^ 編著に『犀星 軽井沢 詩文集』がある(徳間文庫 1990年)