室町大助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

室町大助は日本の俳優、天才殺陣師、歌手である。

むろまち だいすけ
室町 大助
別名義 役者名〉
池田大助→室町大助→
室町帝助(2015)→
室町大助(2018)

作家名〉日ノ本天下→
室町☆大助→室町☆帝助
(2018)
※帝助はダイスケと読む

名取名〉花村一兆

号〉石雲斎

屋号〉茶屋
生年月日 (1974-01-19) 1974年1月19日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 170cm
血液型 A
職業 俳優
殺陣師
コメディアン
歌手
映画監督
脚本家
演出家
ラジオパーソナリティ
コピーライター
制作プロデューサー
ジャンル 演劇
テレビ
ラジオ
映画
活動期間 1989年 -
活動内容 1989年
サムライ日本に師事
1993年
『劇団☆冗談パラダイス』
旗揚げ・代表
1993年
『新殺陣流道場』
設立・宗家
事務所 オフィス室町
公式サイト 劇団☆冗談パラダイス
主な作品
舞台
『こがね雲』シリーズ
『新選組外伝 夜明けまで…』3部作
『アウトオブ☆眼中‼︎』シリーズ
『花の乱=RAN』
忠臣蔵
『夢の徒夢(いしぶみ)』
『白き雲と誓いの大地』
『新選組神話 風に吹かれながら』シリーズ
ソウルキャリバー』シリーズ
『どあほう』(俳協)
映画・TV
江戸城大乱』映画
笑いが一番』NHK
『花王 名人劇場』フジ
笑点』日テレ
メディア
東京ウォーカー
フロムエー
『ちびっ子玉三郎全国公演』
『阿部香世リサイタル』
『西川のぼるリサイタル』
サムライ日本劇団公演』
スパリゾートハワイアンズ』冗パラ公演
鎌倉シネマワールド』冗パラ公演

人物[編集]

東京都駒込で誕生。 新宿、池袋などを経て、北区王子で育つ。 中学の後輩に深田恭子、先輩には羽田健太郎 がいる。 中学生時代に実母が病気になり、リハビリが必要な為、役者修行を続けながら母を介護していた。

映画好きで年間かなりの本数を(主にDVD)観る。 かなりのホラーマニアでもある。

多趣味でアウトドア、テレビゲーム、読書、楽器、カラオケ、料理などをするが一番好きなのはゲームで時間があればずーっとしてしまう。 ボードゲームコレクターとしても有名であり、かなりの数を集めている。 また自分でも劇団のキャラクターを使用した、ボードゲームを考案している。

霊感が強いのか度々不思議な体験をすると本人が語っている。怪談体験談わ交えたホラーイベントも定期的に行っている。

自称、万物不思議研究家との事。 その知識の深さは本人曰く 『上は天文、下は地理、この世に知らざる物は無し…知らなきゃ直ぐに調べる』だそうである。

来歴・活動[編集]

ボンカレーの和服姿のパッケージでもお馴染みの女優松山容子の夫である漫画家(作家)棚下照生に見出され、16歳の時に棚下の紹介でお笑い界の重鎮チャンバラコントで有名な『 サムライ日本』に殺陣を師事。同門で殺陣を学びつつ初舞台を踏む。僅か3年余りの19歳で同門の師範免状を取得し殺陣の流派を創始し『新殺陣流(しんたてりゅう)』の宗家となる。それを機に独り立ちし、東京都北区十条で殺陣の道場を開く。

以後、役者として舞台に立つ一方で殺陣師として振り付けと指導を行い『東京アニメーター学院』などの俳優養成所で講師師としても活動している。 また日本を代表する舞踊家でもある阿部流の家元『阿部香世』のリサイタル公演の殺陣演出を手掛けている。冠二郎キム・ヨンジャ、ちびっ子玉三郎など出演する様々な舞台の殺陣を手掛け新進鋭の天才 殺陣師としてTVや雑誌などでも取り上げられる。現在までに指導した弟子や生徒は1500人を超える。

道場発足と同時期に『アクションバラエティ劇団☆冗談パラダイス』を旗揚げし同劇団の座長となる。旗揚げ当初は、営業活動を中心にしており、惜しくも閉鎖となったテーマパーク『鎌倉シネマワールド』では毎月殺陣と芝居のショーを公演し、スパリゾート・ハワイアンズと言った有名テーマパークでも公演やショーを行っていた。 現在は都内の劇場や持ち小屋であるスタジオAZITOを中心に定期的に舞台公演を行っている。

脚本の作風[編集]

劇団の作・演出を旗揚げ時から務め、戯曲の提供や出筆依頼を受ける劇作家としての顔も持つ。室町書き下ろしの『笑いと感動』の戯曲は本格時代劇からSFと幅広い作風で知られ時として、そのスケールの大きさは、舞台戯曲でありながら舞台化不可能との声もあがるほどである。 同劇団では本格的な殺陣と個性的な劇団員を武器に、歌あり、ダンスあり、愛ありの舞台を展開この数年は、 山田洋次作品の様な武士ものの人情時代劇が多かったようであるが、2010年11月の劇団公演は、冗談ぱらだいす『お笑い草』と称して連発ショートコントライブを公演する。

監督として[編集]

2010年にホラー作品『恐怖実話(きょうふマジバナ)』というタイトルで映像作品を発表。映像監督としての才能も発揮している。再現映像や現地取材をメインにした同作品はマニアからも評価は高い。 その後も数本の作品を制作している。

歌手・音楽[編集]

軍歌コーラス『若鷲』のメンバーとして歌謡ショーでも活動していた経歴も持ち、軍歌ではないが自身も作曲などもするという。以前、劇団ホームページで流れていた曲は、室町の作品であった。 出演するショーなどで歌うこともある。

写真[編集]

写真撮影も得意であり、劇団のブロマイドやポスターはすべて室町が撮影、もしくは指示している。本人曰く、写真コンテストで入賞した腕前だそうだが(実際に上手い)、なんのコンテストだったかを忘れたという逸話を持つ。

逸話[編集]

殺陣師の前に天才が付くのは室町だけである。 これは殺陣の師匠花村多賀至が室町の上達ぶりに驚き滅多に褒めない花村が『お前は天才だな!』と言った事に由来する。

殺陣が上手くなりたい一心で日舞と新陰流(宗家)を収めるほど熱心で、数年間、毎日素振りや稽古をおこたらなかった。時として荒川の河原で一晩中素振りをし気絶し、朝通りかかった人に死体と間違われた事がある。

また同じ頃、河原で素振りしていた時に鉄パイプを持った不良十数名に絡まれたが、何なく撃退したという武勇伝がある。

やはり河原で不意に飛んできた蝙蝠を無意識に木刀で切ってしまった事があり『可哀想な事をしたと』後悔している。

余談だが、幽霊も切った事があるそうである。

東京の実家はお化け屋敷だったと、本人が言っている。

居合は負けたことが無い程に早い。

出典[編集]

  • 室町大助公式HP/アクターズ俳優名鑑