室蘭新道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
自動車専用道路

室蘭新道

Muroran Bypass

国道36号標識
室蘭新道
総延長 8,283 m[1]
起点 室蘭市日の出町
終点 室蘭市中央町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0037.svg 国道37号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

室蘭新道(むろらんしんどう)は北海道室蘭市にある国道36号バイパス道路。輪西 - 母恋間(4,320 m)は北海道内で最初の自動車専用道路であり[2]、日本国内で初となる通行料無料の自動車専用道路として開通した[3]。車線数は日の出 – 母恋間が4車線、母恋 – 中央町間は6車線となる。なお、室蘭新道として整備した山手町(国道36号入江高架橋交点) - 中央町(千歳交差点)間は、現在北海道道699号室蘭港線になっている[4]

概要[編集]

昭和40年代、自動車の増加に伴う室蘭市内の道路混雑が顕著となっていた。当時、蘭東(東室蘭)地区と企業や官公庁、商店が集中する蘭西(室蘭中央)地区の動脈は国道1本のみ(現在の日の出母恋通)で、1971年(昭和46年)6月の輪西町の交通量は40,000台/日を超えており(当時の輪西町の交通容量は10,500台/日)、東室蘭 - 室蘭中央間約8 kmの移動に約1時間かかるなど、生活や物流に大きな支障が出ていた[3]。このような状況からバイパス道路の必要性が高まり、「第6次道路整備5か年計画」(昭和45年〜49年度)で室蘭新道の着工が決定した[5]。平成22年度の24時間交通量は34,002台[6]

歴史[編集]

  • 1971年昭和46年):起工式[1][7]
  • 1974年(昭和49年):日の出出入口 - 輪西出入口間開通。
  • 1977年(昭和52年):輪西出入口 - 仲町出入口間開通[8]
  • 1978年(昭和53年):仲町出入口 - 母恋出入口間開通[9][10]
  • 1981年(昭和56年):千歳交差点の改良と歩道橋の完成により室蘭新道工事完工[3]
  • 1986年(昭和61年):入江高架橋開通[11]
  • 1993年平成05年):発達した低気圧による強風・豪雪により室蘭新道で31台の玉突き事故発生。
  • 2008年(平成20年):橋梁部の老朽化対策として、輪西側から順次防水工事開始(工事期間中は片側1車線通行やランプの通行止めなどの交通規制を行っている)[12]

路線状況[編集]

自動車専用道路区間[編集]

札幌・苫小牧方面
ランプ 場所 備考
輪西出入口(輪西ランプ) 室蘭市輪西町
仲町出入口(仲町ランプ) 室蘭市仲町
御崎出入口(御崎ランプ) 室蘭市茶津町
母恋出入口(母恋ランプ) 室蘭市新富町 室蘭駅方面のみ接続
室蘭駅方面

道路施設[編集]

  • 日の出跨道橋 (54.40 m)[13]
  • 汐見トンネル(東室蘭トンネル) (上り:167 m、下り:165 m)[14]
  • 輪西高架橋 (1,358 m)
    • 輪西高架橋 (329 m)[15]
    • 仲町高架橋 (675 m)[15]
    • 瑞之江高架橋 (354 m)[15]
  • 御崎トンネル (上り:374 m、下り:370 m)[14]
  • 御崎高架橋 (459 m)[15]
  • 母恋高架橋 (302.80 m)[13]

交差する道路[編集]

札幌・苫小牧方面
道路 場所 備考
北海道道107号室蘭環状線(日の出ランプ) 室蘭市日の出町 〈日の出母恋通〉[16]
苫小牧方面のみ接続
〈日の出通〉[16] 室蘭市日の出町
〈寿大通〉[16] 室蘭市寿町
〈東大通〉[16] 室蘭市東町 苫小牧方面のみ接続
Japanese National Route Sign 0037.svg国道37号 室蘭市東町 〈東2条通〉[16]
北海道道919号中央東線 室蘭市東町 〈大和通〉[16]
Japanese National Route Sign 0036.svg国道36号 室蘭市山手町 入江高架橋に接続
北海道道699号室蘭港線 室蘭市中央町(千歳交差点) 〈港大通〉[16]
北海道道919号中央東線 〈室蘭中央通〉[16]
〈科学館通〉
室蘭駅方面

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1971年11月15日). 2014年10月15日閲覧。
  2. ^ 都市計画道路”. 室蘭市. 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c “室蘭新道、来年で完成30年…車と人の流れ大きく変わる”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2010年6月13日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2010/06/13/20100613m_02.html 2017年2月25日閲覧。 
  4. ^ 室蘭市の都市計画, p. 27.
  5. ^ 道路事業 (PDF)”. 北海道開発局. p. 13. 2014年10月15日閲覧。
  6. ^ 北海道 箇所別基本表及び時間帯別交通量表 Page white excel.png (XLS)
  7. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1971年12月1日). 2014年10月15日閲覧。
  8. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1977年11月15日). 2014年10月15日閲覧。
  9. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1978年11月15日). 2014年10月15日閲覧。
  10. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1978年12月1日). 2014年10月15日閲覧。
  11. ^ むろらん 市政だより (PDF)”. 室蘭市 (1986年11月1日). 2014年10月16日閲覧。
  12. ^ “室蘭新道車線規制注意を―橋りょう部の防水工事”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2010年9月4日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2010/09/04/20100904m_04.html 2017年2月25日閲覧。 
  13. ^ a b 橋梁長寿命化修繕計画(案) (PDF)”. 北海道開発局. pp. 48-49 (2016年). 2017年2月13日閲覧。
  14. ^ a b 道路トンネル個別施設計画(案) (PDF)”. 北海道開発局. p. 16 (2016年). 2017年2月13日閲覧。
  15. ^ a b c d 松島哲郎、山際祐司、前田公治 2014, p. 2.
  16. ^ a b c d e f g h 室蘭市都市計画図 (PDF)”. 室蘭市. 2017年2月13日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]