宮下秀冽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

初世宮下 秀冽(みやした しゅうれつ、1909年12月15日 - 1993年12月24日)は日本の作曲家箏曲家。本名は宮下哲郎(みやしたてつろう)。

人物・来歴[編集]

群馬県高崎市(当時の倉渕村)生まれ。十代に病気によって失明。箏曲家をこころざして、東京盲学校音楽科に入学し、初代松岡松韻、久本玄智宮城道雄田辺尚雄に学ぶ。

1948年に、「双調の曲」にて三曲新作コンクール第1位入賞。1953年、「箏主奏組曲『平家物語による幻想』」によって、芸術祭奨励賞を受賞。その後、「日本楽器のための組曲」(1961年)が芸術祭賞、「竹林精舎」(1972年)が芸術祭大賞を受賞したほか、「神秘」(1963年)、「十七絃のための山楽章」(1965年)、「火と水と祈り」(1967年)、「生々流転」(1968年)が奨励賞、「蒼空の響」(1979年)、「風花無限」(1982年)が優秀賞に選ばれた(括弧内の年はいずれも受賞年度)。彼の「作品演奏会」に対しても1966年に奨励賞が贈られている。また、邦楽器・洋楽器を交えた、組曲「瀬戸内」(1963年)によって、第11回民放大会賞が贈られている。

また、幼少の頃より三十絃の開発に力を注ぐ。1955年に完成させ、作曲、演奏によってこの楽器の普及に尽力した。「三十絃のための独奏曲」などがある。

1975年紫綬褒章1982年勲四等瑞宝章

家族[編集]

箏曲家の宮下伸、宮下たづ子は彼の子供。たづ子は父の没後に二世宮下秀冽を襲名した。

著作物・作品[編集]

主要作品[編集]

本文に記載されているもの以外を挙げる(いずれも出版されている)。

  • 民謡の主題による幻想曲「四国路」
  • 海と里
  • 北海民謡による幻想曲
  • 古謡の主題と五つの変奏曲
  • 壹越調祝賀
  • 都の春による幻想曲
  • アリランによる舞踊曲

主なディスコグラフィー[編集]

  • 現代箏曲CD選集3 宮下秀冽・斉藤松声(ビクター)
  • 二世宮下秀冽襲名記念 三十絃(日本伝統文化振興財団)
  • 宮下秀冽作品集(日本伝統文化振興財団)
  • 双調の曲 初世宮下秀冽傑作集(日本伝統文化振興財団)

参考文献[編集]