宮之原健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宮之原 健
埼玉武蔵ヒートベアーズ #3
Takeru MIYANOHARA 20200620.jpg
打撃練習中の宮之原
(2020年6月、熊谷さくら運動公園野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿屋市
生年月日 (1993-07-16) 1993年7月16日(27歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮之原 健(みやのはら たける、1993年7月16日 - )は、鹿児島県鹿屋市出身のプロ野球選手外野手)。両投左打。ルートインBCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズ所属。

来歴・人物[編集]

鹿児島県鹿屋市出身[1]。小学2年生の時に東京都へ移り住み[1]世田谷区立山崎小学校に編入[2]。小学3年生から世田谷区の「ツインファイターズ」で野球を始める[1]。世田谷区立山崎中学校に進学[2]

日本大学第三高等学校では2年秋の明治神宮野球大会からベンチ入りし[1]、副主将も務めたが[3]、右肘の怪我に悩まされ[3]、3年時には全国高等学校野球選手権大会に背番号16で出場し[1]、チームは優勝したものの自身は準決勝で9回に守備に就いたのみだった。高校の同期には阪神タイガース髙山俊などがいる[1]

高校卒業後は現・北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹に憧れ、栗山の出身校である東京学芸大学に進学[1]。大学では教員になることを目指していたが[1]、4年時に行った母校・日大三高の教育実習を機にプロ野球選手を志すようになる[1]。同年秋の東京新大学リーグでは打点王と盗塁王に輝いた[1][3]

2015年11月15日16日JR東日本野球部柏野球場で行われたベースボール・チャレンジ・リーグの合同トライアウトを受験。この時の様子はフジテレビ系列のスポーツニュース番組すぽると!で特集された。同月28日に行われたベースボール・チャレンジ・リーグのドラフト会議において、福島ホープスから2位指名を受け[4]2016年1月15日に入団会見を行った[5]

2017年シーズン終了後に福島を自由契約で退団[6]。12月7日に同じリーグの武蔵ヒートベアーズ(2018年10月より埼玉武蔵ヒートベアーズ)への入団が発表された[7]2019年から選手会長を務める[8]。同年は打撃好調で[9]、全試合に出場してリーグ8位の打率.3447、8本塁打、チーム最多の59打点を記録し、いずれも自己最高の成績だった。2020年からは選手会長と合わせてチームのキャプテンも務める[10]。同年は4番打者として2年連続の全試合出場を達成。3年連続の打率3割、チーム最多の安打数と盗塁数を記録し[11]、チーム最優秀野手賞に選出された[12]

2019年10月、埼玉県上尾市に野球スクール&走り方スクール「Takeru Baseball School」を設立。選手として現役を続けながら、塾長として指導も行っている[13]

選手としての特徴[編集]

非常にまれな両投げ野手である[3]。元々は右投げであったが、高校時代に右肘を故障した際に左投げに挑んだためである[3]

50m走は6秒1の俊足で遠投50mの強肩も武器である[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]











































O
P
S
2016 福島 49 107 19 26 4 3 0 36 9 21 3 3 4 0 7 4 .243 .283 .336 .620
2017 43 41 15 10 2 0 0 12 4 12 1 0 5 0 1 0 .244 .262 .293 .555
2018 武蔵
埼玉
65 176 32 57 12 3 5 90 21 24 7 6 5 1 9 0 .324 .368 .511 .880
2019 70 264 40 91 18 2 8 137 59 27 26 9 1 6 9 2 .345 .413 .519 .932
2020 59 200 30 60 11 3 2 83 23 19 11 5 0 1 9 4 .300 .350 .415 .765
通算:5年 286 788 136 244 47 11 15 358 116 103 48 23 15 8 35 10 .310 .363 .454 .818
  • 2020年度シーズン終了時
  • 武蔵ヒートベアーズは、2019年に埼玉武蔵ヒートベアーズに球団名を変更。変更後も略称は「武蔵」だったが、2020年より「埼玉」となった。

背番号[編集]

  • 24 (2016年 - 2017年)
  • 3 (2018年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 福島ホープス2位宮之原「何苦楚魂で」NPB目指す 日刊スポーツ 2015年11月29日配信
  2. ^ a b 宮之原健|埼玉武蔵ヒートベアーズ”. ルートインBCリーグ -Baseball Challenge League-. 2020年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 新戦力は両投げ右打ち(12月7日) 福島民報 2015年12月7日配信
  4. ^ 建通エンジニアリングpresents2015ドラフト会議 指名結果のお知らせ ベースボール・チャレンジ・リーグ 2015年11月28日配信
  5. ^ 新入団記者会見 福島ホープス 2016年1月15日配信
  6. ^ 退団選手のお知らせ - 福島ホープス(2017年10月25日)
  7. ^ 新入団選手のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年12月7日)
  8. ^ キャプテン・選手会長就任のお知らせ 2018年12月17日配信
  9. ^ “同期の活躍に刺激を受ける 武蔵・宮之原健/BCLリポート”. 週刊ベースボールONLINE. (2019年7月20日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=024-20190729-01 2020年3月21日閲覧。 
  10. ^ 2020年シーズンのチームスローガンとキャプテンのお知らせ”. ルートインBCリーグ (2020年3月14日). 2020年9月7日閲覧。
  11. ^ 宮之原健 [@kck_16tm] (15 October 2020). "多くの方からパワーをいただき、4番打者として戦い抜くことができました⚾" (ツイート). Twitterより2020年10月16日閲覧
  12. ^ 埼玉武蔵ヒートベアーズ選手会 [@heatbears634] (23 October 2020). "チーム最優秀野手賞の宮之原選手🧸 宮之原選手は、 打率3割を超え、チーム最多安打&最多盗塁! 貴重な場面での決勝打が光りました✨🔥✨🔥" (ツイート). Twitterより2020年10月27日閲覧
  13. ^ 野球スクールオープン⚾️” (2019年10月11日). 2020年3月29日閲覧。

関連項目[編集]