宮健三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮 健三(みや けんぞう、1940年昭和15年)6月13日[1] - )は、日本工学者工学博士東京大学名誉教授。日本保全学会理事長[2]。専門分野は原子力工学、保全工学、核融合工学、電磁構造工学。現在は原子力推進の立場から学会を中心に活動をおこなっている。

略歴[編集]

この間、米国メリーランド大学コーネル大学テネシー大学客員教授、中国西安交通大学顧問教授、慶應義塾大学大学院特別研究教授、法政大学大学院客員教授を務める。クロアチア科学アカデミー会員、ポーランド応用電磁現象学会名誉会員。

研究〔業績〕[編集]

  • 核融合炉工学、電磁構造工学、原子力構造工学の研究を行った。
  • 200周年記念ボルタ金賞(イタリアパヴィア大学)受賞(1999年)
  • 原子力安全功労賞(経済産業省)受賞(2003年)

著書[編集]

単著[編集]

  • 日本AEM学会電磁力応用シリーズ3『解析電磁気学と電磁構造』(養賢堂1995年11月)ISBN-10: 4842595248[4]

共編著[編集]

  • 吉田義勝)日本AEM学会電磁力応用シリーズ5『超電導の数理と応用』(養賢堂1997年2月)ISBN-10: 4842597011
  • (近藤育朗・栗原研一)『核融合エネルギーのはなし』(日刊工業新聞社1996年12月)ISBN-10: 4526039527
  • 矢川元基)『原子炉構造工学』(東京大学出版会1976年)ASIN: B000J9X65S
  • (監修)『英単語の木』(※著者:知求クラブ)(Jリサーチ出版2007年10月)ISBN-10: 4901429566

学会活動、国際会議[編集]

以下の学会、国際会議、洋雑誌を創設した。

  • Int.Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics(IOS Press)(1989年)
  • 日本AEM学会(1991年)
  • 日本保全学会(2003年)
  • E-Journal of Advanced Maintenance(E-JAM)(2009年)
  • 国際先進メンテナンス技術センター(2011年)
  • 原子力の安全と利用を促進する会(2013年)
  • 電磁構造国際会議『ISEM』(1989年)
  • 国際電磁非破壊ワークショップ『ENDE』(1995年)
  • 核融合炉工学国際シンポジウム『ISFNT』(1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.432
  2. ^ 組織・委員”. 日本保全学会. 2016年8月27日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 日本AEM学会:電磁力応用シリーズ3『解析電磁気学と電磁構造』 宮健三著、1995年発行、(株)養賢堂