宮内寒弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1956年

宮内 寒弥(みやうち かんや、1912年2月29日(戸籍上は28日) - 1983年3月5日)は、小説家。本名・池上子郎。岡山県生まれ。

早稲田大学英文科卒、1935年「中央高地」で芥川賞候補。左翼同伴者文学の書き手だったが、弟の自殺を機に『からたちの花』(1942)などの私小説に転じる。1944年召集により呉海兵団入団。呉鎮防空指令所暗号室勤務。戦後は、水兵としての召集の体験を描いた「憂鬱なる水兵」(1946)があるが、その後は少女小説や児童向け翻訳で糊口を凌いでいたが、1978年、父と1908年の七里ヶ浜遭難事件のことを描いた『七里ヶ浜』で平林たい子文学賞を受賞したことで一躍話題となった。宮内の父は逗子開成中学教諭だったが、生徒らのボート遭難事件の責任をとって辞職させられた。この事件は教師三角錫子が作詞した「七里ヶ浜の哀歌」(真白き富士の根)で有名だが、日本中の同情を呼んだこの事件の遭難生徒たちは不良で鳥撃ちのためボートを出しており、中には既に二十歳近い三角の愛人生徒もいたという事実を明らかにしたものである。父は三角の文学趣味を憎み、宮内に対して結婚するまで文学書を読まないよう命じたという。

著書[編集]

  • 『中央高地 第一小説集』砂子屋書房 1938
  • 『秋の嵐』河出書房 1940
  • 『からたちの花』大観堂 1942
  • 『文芸手帖』文学祭社 1946
  • 『艦隊葬送曲』世界社 1947
  • 『降誕祭まで』南北書園 1947
  • 『下着の女王』和同出版社 1958
  • 『恋人よおやすみ』和同出版社 1959
  • 『秘境を行く』人物往来社 1961
  • 『にきび時代』秋元書房 1962
  • 『湖の旅』(トラベル・シリーズ) 秋元書房 1962
  • 『僕のガールフレンド』秋元書房 1964
  • 『追跡戦記・新高山登レ一二〇八 日本海軍の暗号』六興出版 1975
  • 『七里ケ浜』新潮社 1978
  • 『宮内寒弥小説集成』作品社 1985

翻訳[編集]

  • 母の曲 プローティー 偕成社 1961(少女世界文学全集)
  • 椿姫 デュマ・フィス 偕成社 1962(少女世界文学全集)
  • 少年少女世界のノンフィクション 南極からの脱出 シャックルトン 極北生活三十年 ウェルツル 偕成社 1964
  • 赤と黒 スタンダール 偕成社 1968(少女世界文学全集)