宮内謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮内謙(みやうち けん、1949年11月1日 - )は、日本実業家ソフトバンクグループ代表取締役副社長。ソフトバンク代表取締役社長執行役員兼CEO。ヤフー取締役。

人物[編集]

愛媛県出身。1973年京都府立大学文家政学部卒[1]日本能率協会を経て、孫正義率いる株式会社日本ソフトバンク(現・ソフトバンクグループ株式会社)に入社。同社の黎明期を支え、営業制作室長、ソフトウェア事業商品部長、ソリューションバンク事業部長などを歴任。1999年にソフトバンク・イーコマース株式会社の設立とともに代表取締役社長に就任した。2012年の役員報酬は1億2600万円、2013年の役員報酬は1億3000万円[2]

孫正義の片腕的存在として知られ、ソフトバンクグループの主要各社の副社長を兼任していた。

2015年4月1日、通信事業を手がけるソフトバンク傘下4社の再編に伴い、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)社長兼CEOに就任した[3][4]。同6月、ソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)取締役[5]

趣味はゴルフ、読書、スキー。 座右の銘は「継続こそ力なり」

略歴[編集]

  • 1973年 - 京都府立大学文家政学部卒。
  • 1977年2月 - 社団法人日本能率協会入職。
  • 1984年10月 - 株式会社日本ソフトバンク入社。
  • 1988年2月 - 同社取締役。
  • 1993年4月 - 同社常務取締役。
  • 1999年9月 - ソフトバンク・コマース株式会社(その後ソフトバンクBB、ソフトバンクモバイル経てソフトバンク株式会社)代表取締役社長。
  • 2004年2月 - ソフトバンクBB株式会社取締役副社長COO。
  • 2006年4月 - ボーダフォン株式会社(現:ソフトバンク)取締役副社長執行役員COO。
  • 2006年10月 - ソフトバンクテレコム株式会社(現:ソフトバンク)代表取締役副社長COO。
  • 2007年6月 - ソフトバンクモバイル株式会社代表取締役副社長COO、ソフトバンクBB株式会社代表取締役副社長COO。
  • 2010年8月 - 株式会社ウィルコム事業家管財人(2010年12月より代表取締役、2013年7月より代表取締役社長)。
  • 2013年6月 - ソフトバンク株式会社代表取締役副社長。
  • 2015年3月 - 一般社団法人電気通信事業者協会会長。
  • 2015年4月 - ソフトバンクモバイル株式会社代表取締役社長CEO。
  • 2015年5月 - Wireless City Planning株式会社代表取締役。
  • 2015年6月 - ソフトバンク株式会社取締役。
  • 2015年7月 - ソフトバンクグループ株式会社取締役、ソフトバンク株式会社代表取締役社長兼CEO。
  • 2016年6月 - ソフトバンクグループ代表取締役副社長。
  • 2018年4月 - ソフトバンクグループ取締役(現任)、ソフトバンク株式会社代表取締役社長執行役員兼CEO。

脚注[編集]

先代:
孫正義
電気通信事業者協会会長
2017年 - 2018年
次代:
高橋誠