宮原義汨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮原 義汨(みやはら よしか、宝永5年(1708年) − 明和6年4月4日1769年5月9日))は、江戸時代中期の高家旗本宮原氏義の長男。母は水谷勝阜の娘。通称は勘五郎、市正。

正徳5年(1715年)12月26日、父氏義の死去により家督を相続する。享保8年(1723年)1月28日、将軍徳川吉宗御目見する。明和元年(1764年)8月13日隠居し、長男義潔に家督を譲る。隠居後は南楼と称する。明和6年(1769年)4月4日死去、62歳。

正妻は杉浦正奉の娘。子女に長男義潔、三男義利(宮原義潔養子)ら三男四女あり。