宮原義直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮原 義直(みやはら よしなお、文化6年(1809年) - 明治14年(1881年2月11日)は、幕末高家旗本通称は勘五郎、号は方斎。官位従四位下侍従摂津守。禄高は1400石で代々高家職を勤める家柄。父は宮原義周

文政10年(1827年)12月15日、将軍徳川家斉御目見する。文政11年(1828年)11月4日、部屋住ながらも高家見習に召し出される。同年12月16日、従五位下侍従・摂津守に叙任する。後に従四位下に昇進する。安政元年(1854年)9月27日、高家肝煎に就任する。安政2年(1855年)11月16日、父義周の隠居により家督を相続する。慶応4年(1868年)3月11日、高家肝煎を辞職する。

『大日本人名辞典』4(1887年 初版、1974年 講談社復刊)、『名家伝記資料集成』4(1984年 思文閣)には、維新の際に公武間を周旋して政治上の功績があり、和歌・書画・茶道にも秀でていたことが記述されている。

正妻は肥前平戸藩松浦清の娘。子女としては、次男足利聡氏喜連川縄氏の養子、後に復籍)、養子義敬(実父は日向佐土原藩島津忠徹)、養子義以(実父は肥後熊本新田藩細川利国利和)、養子義路(実父は京都町奉行岡部豊常)の4人を確認できる。