宮口美吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮口 美吉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1919年
没年月日 戦死
身長
体重
176[1] cm
71[1] kg
選手情報
投球・打席[1]投左[1]
ポジション 投手一塁手[1]
プロ入り 1938年秋
初出場 1938年9月8日[2]
最終出場 1942年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮口 美吉(みやぐち よしきち、1919年 - 戦死)は、大阪府出身のプロ野球選手投手内野手外野手)。

来歴・人物[編集]

京阪商業学校(現:大阪府立芦間高等学校)時代には春1回(1938年),夏1回(1938年)甲子園に出場した。高校時代のチームメイトに深尾文彦加地健三郎がいる。

1938年秋、南海軍に入団。南海の初代エースとして活躍し、負けが先行しながらも6勝(当時の南海ではチーム一の勝ち頭だった)を挙げた。同シーズンには防御率2.25で防御率トップ10の5位に入っている。1939年5月6日阪急軍戦では平野正太郎投手とのリレーで無安打に抑えるも、2点を取られるという珍記録を持っている(日本プロ野球公式戦唯一の被安打0敗戦)。1939年も10勝を挙げたが、同年応召。1942年に復員して南海に復帰するも、戦場で肩を壊していたため野手として僅か4試合に出場するにとどまった。その後再び応召され、戦死した(没年日時・死没場所は不詳)。

東京ドーム敷地内にある、鎮魂の碑には彼の名が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1938 南海 20 14 13 0 0 6 11 -- -- .353 643 147.2 114 1 94 -- 4 69 4 2 67 37 2.25 1.41
1939 47 25 11 3 1 10 13 -- -- .435 1011 234.1 201 4 141 -- 7 89 1 0 102 81 3.10 1.46
通算:2年 67 39 24 3 1 16 24 -- -- .400 1654 382.0 315 5 235 -- 11 158 5 2 169 118 2.78 1.44
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1938 南海 25 68 62 4 14 2 1 1 21 2 0 -- 1 -- 5 -- 0 16 -- .226 .284 .339 .622
1939 55 107 99 7 22 2 1 0 26 5 3 -- 2 0 6 -- 0 21 -- .222 .267 .263 .530
1942 4 11 10 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 -- 0 6 -- .200 .273 .200 .473
通算:3年 84 186 171 11 38 4 2 1 49 7 3 0 3 0 12 -- 0 43 -- .222 .273 .287 .560

背番号[編集]

  • 21 (1938年秋 - 1939年)[3]
  • 24 (1942年)[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]