宮古島駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宮古島駐屯地
所在地 沖縄県宮古島市上野字カギモリ原83-5
座標 北緯24度45分29.0秒
東経125度18分48.0秒
駐屯地司令 宮古警備隊長
主要部隊

宮古警備隊 第7高射特科群

第302地対艦ミサイル中隊
開設年 2019年3月26日
テンプレートを表示

宮古島駐屯地(みやこじまちゅうとんち、JGSDF Camp Miyakojima)は、沖縄県宮古島市に所在する宮古警備隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。千代田カントリークラブの跡地を利用し[1]、2019年3月26日に開庁した[2][3][4]。宮古警備隊長が駐屯地司令を兼務し、駐屯地管理業務は宮古警備隊後方支援隊が担当する。

概要[編集]

南西諸島海域における中華人民共和国及び朝鮮半島有事などの軍事的脅威に対する日本の離島防衛態勢強化を目的として整備される事業の一環として、26中期防に基づき建設を開始した。開庁当初は離島警備部隊を主力とする380人程度であった[5]が、2019年3月26日に開庁された奄美駐屯地及び瀬戸内分屯地、31中期防期間中に開庁予定の石垣島の駐屯地同様、地対艦誘導弾・地対空誘導弾部隊の配備が建設当初から発表されており、現在は700名程度の自衛隊員が駐留している。

駐屯地の東部に位置する保良地区には約100メートル(9100㎡)の覆道射場を含む訓練場と弾薬庫も整備される予定となっている[6]

2020年3月には九州本土から第7高射特科群本部及び1個中隊が移駐[7]し、地対艦ミサイル中隊が新編された[8][9][10]

沿革[編集]

  • 2019年(平成31年)3月26日:宮古島駐屯地開設、宮古警備隊が新編。
  • 2020年(令和02年)3月26日:
  1. 第7高射特科群本部および本部管理中隊・第346高射中隊と第307高射搬送通信中隊の一部(群長以下約200名)が竹松駐屯地から移駐[7]
  2. 第5地対艦ミサイル連隊隷下の第302地対艦ミサイル中隊が宮古島駐屯地で編成完結。

駐屯部隊[編集]

第15旅団隷下部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 駐屯地建設へ準備工事/千代田CC | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-”. www.miyakomainichi.com. 2020年4月5日閲覧。
  2. ^ 防衛省・自衛隊防衛大臣記者会見
  3. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等 に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成31年政令第30号)官報本紙第7456号(2019年2月27日)2020年1月24日閲覧
  4. ^ a b c 防衛省人事発令(2019年3月26日1佐職)
  5. ^ 奄美、宮古島駐屯地を新設 南西諸島の体制強化(時事ドットコム:2019年2月22日、2019年2月23日閲覧)
  6. ^ 陸自、大規模に部隊新・改編 奄美、宮古に駐屯地開設 6師団・11旅団→「機動師団・旅団」”. 朝雲新聞社. 2019年3月26日閲覧。
  7. ^ a b ““古里大村”胸に宮古島(沖縄)へ 陸自第7高射特科群 竹松の200人移駐”. 長崎新聞社. (2020年3月24日). オリジナルの2020年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200327041324/https://www.nagasaki-np.co.jp/kijis/?kijiid=614832571225982049 2020年3月24日閲覧。 
  8. ^ 陸上自衛隊 湯布院駐屯地@公式 [@yufuinpr] (2020年1月1日). "【湯布院駐屯地広報誌(68号)】 あけましておめでとうございます。 新年号、ぜひご覧ください。 本年もどうぞよろしくお願いします。 #広報誌 #新聞 #新年号 #西部方面特科隊 #カモ #大分県 #由布市 #湯布院 #駐屯地 #広報 #陸上 #自衛隊 #jgsdf #gsdf #newspaper #military" (ツイート). Twitterより2020年1月4日閲覧
  9. ^ “陸自、オスプレイ運用部隊とミサイル部隊新設 対中で南西防衛強化”. 産経新聞. (2020年3月26日). https://www.sankei.com/politics/news/200326/plt2003260030-n1.html 2020年3月27日閲覧。 
  10. ^ “陸自、宮古島にミサイル部隊配置=中国艦船けん制”. 時事通信. (2020年3月26日). オリジナルの2020年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200327042516/https://news.infoseek.co.jp/article/200326jijiX916/ 2020年3月27日閲覧。 

関連項目[編集]