宮城リョータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
SLAM DUNK > SLAM DUNKの登場人物 > 宮城リョータ
宮城 リョータ
SLAM DUNKのキャラクター
登場(最初) 第50話「遅れてきた男」
作者 井上雄彦
声優 塩屋翼
プロフィール
愛称 リョータ君
リョーちん
性別 男性
国籍 日本の旗 日本
職業 学生

宮城 リョータ(みやぎ リョータ)は、井上雄彦漫画作品およびそれを原作とするアニメSLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は塩屋翼

プロフィール[編集]

人物[編集]

小学校からポイントガードで、陵南の田岡監督からは神奈川県内でも五指に入るガードのひとりに数えられる実力者。チームメイトの安田とは同中学の出身で旧知の仲。安西に憧れ、強豪高校からの誘いを断り湘北へ入学。入部時は「いずれ神奈川No.1ガードと呼ばせて見せる」と豪語していた[3]。彩子にはあまり相手にされず、彼女への未練を断ち切るために数多くの女性に告白するもことごとく振られ続ける。ある日、生意気で目立っていた彼に目を付けた因縁深い三井ら不良グループに暴行され入院させられたが、その際、アタマの三井だけは倒すと決めて彼だけを集中的に攻撃し、前歯を折るなどして大怪我を負わせた。退院後、他校の女子生徒に振られたところを偶然目撃していた桜木軍団に馬鹿にされ、翌日には彩子が花道と並んで歩いている場面に遭遇し花道と彩子の関係を疑い大喧嘩になる。その後も体育館で花道との喧嘩は続く[4]も、共に女運がなく片思いの相手に振り向いてもらえないゆえに花道と意気投合し、翌日の練習には肩を組んで現れるほどの仲に。 和解後、花道からは「リョータ君」、三浦台戦以降は「リョーちん」と呼ばれるようになる。作中にて桜木軍団を除けば、花道を名前で呼ぶ唯一の人物である。耳にはピアスを着けており、県予選では白二つのリストバンドを、インターハイでは赤と黒のリストバンドをそれぞれ左腕に着けている。

問題児軍団の例に漏れず成績は悪いが、彩子に見てもらうとテストでは解けなかった問題も自力で解ける。喧嘩の実力は相当高く、さらにはグループのリーダーを見分ける観察眼を持ち、桜木軍団に馬鹿にされた際にはすぐに洋平がボスと認識していた。

湘北スタメンでは唯一の2年生である[5]。上背がないため、試合ではチームのウィークポイントと見なされることもあった。また、花道同様にムキになりやすい性格が試合に影響することもあり、山王戦にて牧は「まだ甘い」と評している。精神的に弱い面もあり、山王戦の前夜には山王のビデオを見て怖がり、彩子の前で弱気な発言をしている。しかし、海南戦では花道とのリバウンド争いを制した高砂のボールをはたいて花道のダンクをアシストし、陵南戦では仙道の不意をつき駄目押しのシュートを決め、山王戦では終盤においてゲームの流れや相手の心理状況を的確に判断し、また戦意を喪失しつつあるチームメイトを叱咤して崩壊寸前のチームを支えた。また、山王戦では湘北が崩壊する中、安西から切り込み隊長としてボール運びを任され、沢北と深津のダブルチームをドリブルで置き去りにして流川へのパスを出す。その他、試合で相手の裏をかくフェイクの技を花道に伝授している。

赤木と木暮の引退後、湘北バスケ部の新キャプテンに就任する(就任挨拶の際、引退せず部に残る三井にヤジられ「目の上のたんこぶめ」とつぶやく一幕もあり)。原作終了後の黒板漫画ではリーダーシップのハウツー本に影響され、赤木以上の鬼キャプテンとして鳴らしており、この練習の厳しさにより三井とはしばしば喧嘩になる様子。

湘北高等学校[編集]

プレイスタイル[編集]

速攻を中心としたゲームメイクや、小柄であるが高い運動能力とテクニックを活かしたスピードプレイが持ち味。湘北一と言われるそのスピードは他校のプレイヤーからも注目を受ける。花道に(騙しのテクニックである)フェイクを伝授したりもしている。安西監督からは「(チームに)スピードと感性をもたらした」と言われた。 ジャンプ力もあり[6]、10cm程度の身長差であればシュートブロックするのは難しくない。中距離および外角からのシュートやフリースローは苦手[7]。病み上がりのせいかスタミナは高くない(ゲーム・IH予選完全版での数値化された能力)が、IH予選の三浦台戦の安西による懲罰を除けば描写があったほぼ全ての試合で40分間フル出場しているため、他の強豪校の選手に格段劣る訳ではない。

『ピアス』[編集]

週刊少年ジャンプ特別読切『ピアス』にて小学6年生の彩子とリョータという人物が描かれており、欄外にも「彩子とリョータの秘密」と記述があるため、この2人は過去に出会っていた模様。この物語の中でリョータが身に付けているピアスが元々は彩子の物であり、彼女と初めて出逢った際に付けたことが描かれている。ただし、彩子本人は最後までリョータの名前を勘違いしており、本人達がその事実に気付いているかは不明である。

小学3年生の時に兄を海で亡くし、その際に一緒に釣りに連れて行ってもらえなかったことに腹を立てて口にした「バカ兄!! もう帰ってくるな!!」との罵声が最後の言葉になったため、非常に後悔している。

脚注[編集]

  1. ^ 『SLAM DUNK』23巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁、ISBN 4-08-871843-7。
  2. ^ 資生堂AlephのCMより。
  3. ^ ただし、入学当初はバスケを続けるか迷っていたが、彩子に一目ぼれし入部したと語る場面もある
  4. ^ 潮崎は当日の練習前、この二人が同じ部にいることについて「核弾頭に核弾頭をぶつけるようなもんだ」と語り、石井は喧嘩の様子を「目にもとまらぬ連続技」と感心していた。
  5. ^ 入部から入院までの1年間の活躍については言及が無く不明
  6. ^ 三井曰く、喧嘩では跳び蹴りが得意だったとのこと。
  7. ^ 海南戦において、一度だけミドルシュートを決めている

関連項目[編集]