宮城弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮城 弘明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市鶴見区[1]
生年月日 (1962-06-16) 1962年6月16日(57歳)
身長
体重
193 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト3位
初出場 NPB / 1983年4月13日
KBO / 1988年
最終出場 NPB / 1985年6月29日
KBO / 1992年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

宮城 弘明(みやぎ ひろあき、1962年6月16日 - )は、神奈川県横浜市鶴見区出身[1]の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

横浜市ラーメン店を営む家庭に生まれ、野球好きの父によって左投げに矯正される[2]鶴見中学校3年生の時に2人のプロ野球選手から三振を奪い、10校以上の野球部から勧誘を受けて横浜商業高へ進学[2]

高校進学後は基礎体力作りに努め、高校2年生の1979年には、夏の甲子園県予選決勝で横浜高愛甲猛との投げ合いを制し、同校を41年ぶりの夏の選手権出場へ導いた[2]。しかし試合後に左肩に激痛を感じ、香川伸行とともに大会を代表する選手に挙げられていた本大会では、変化球主体の投球で準決勝まで勝ち進むも、石井毅嶋田宗彦のバッテリーを擁する箕島高に惜敗[3]。同年の秋季関東大会県予選準決勝でも横浜高の愛甲に投げ勝つが、関東大会1回戦で八千代松陰高に敗退し春の選抜出場を逸する。翌1980年夏の県予選では4回戦で桐蔭学園に敗れ、自身の登板は13イニングにとどまっている[4]

プロ入り志望を表明すると地元に近いロッテなど11球団のスカウトが実家に訪れ[4]、1980年のプロ野球ドラフト会議ヤクルトスワローズから3位指名を受け入団。

193cmの長身から「ジャンボ」の愛称で親しまれ、球威が認められるようになった3年目の1982年には開幕一軍入りを果たしている[4]。しかし翌1983年の春に左ひじに水がたまり、ごまかしながら投げ続けるも1985年には両手で顔が洗えないほど状態が悪化した[4]1987年オフにヤクルトを自由契約になり大洋の入団テストを受けたが不合格となる[4]

渡韓に反対する親戚を説得して韓国球界に挑戦し[5]、当時の韓国球界はコーチを除き在日コリアンでなければ入団することができなかったため[6]、スカウトが在日コリアンと偽り[1]ピングレ・イーグルスに入団した。実質、初の「在日コリアンではない日本人選手」となった[7]。 韓国での登録名金弘明(キム・ホンミョン、김홍명)[1]。すぐにレギュラーとなって二戦目で勝利を挙げると、同年は先発ローテーションに一年間定着して156イニングを投げて自身初の体験に充実感を得たという[5]ハングルを覚えるなど韓国での生活に徐々になじんでいったが成績が上がらないこともあり、帰国を決めた1992年に現役を引退した[5]

帰国後は知人の紹介で江本孟紀の私設秘書となり[5]1996年4月に地元選出の石渡清元の秘書となっている。その後小林温の秘書などを歴任し、2003年、横浜市議会議員選挙に鶴見区選挙区から自民党公認で出馬するも落選。

2007年からは社会人野球クラブチーム千葉熱血MAKING』のヘッドコーチに就任。また、これと並行する形でNPO法人「つばめスポーツ振興協会」(ヤクルト球団OB会)での野球教室の講師も担当している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ヤクルト 18 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 142 28.2 29 3 30 1 0 25 2 0 24 24 7.53 2.06
1984 3 2 0 0 0 0 3 0 -- .000 36 8.0 9 3 4 0 0 5 0 0 8 7 7.88 1.63
1985 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 29 6.0 4 1 8 1 0 6 0 0 3 3 4.50 2.00
1988 ピングレ 24 22 7 1 -- 8 13 0 -- .381 656 151.2 158 8 72 6 4 61 3 1 75 72 4.27 1.52
1989 23 20 5 0 -- 6 8 0 -- .429 552 125.2 119 7 63 3 6 78 0 0 65 56 4.01 1.45
1990 34 20 0 0 -- 8 3 0 -- .727 493 112.0 106 5 64 5 1 49 1 0 54 42 3.38 1.52
1991 19 8 0 0 -- 3 3 0 -- .500 269 55.1 76 4 32 3 4 34 0 0 42 36 5.86 1.95
1992 19 8 0 0 -- 5 4 0 -- .556 275 61.0 69 7 32 1 0 30 2 0 47 43 6.34 1.66
NPB:3年 25 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 207 42.2 42 7 42 2 0 36 2 0 35 34 7.17 1.97
KBO:5年 119 78 12 1 -- 30 31 0 -- .492 2245 505.2 528 31 263 18 15 252 6 1 283 249 4.43 1.56

背番号[編集]

  • 40 (1981年 - 1987年)
  • 31 (1988年 - 1992年)

記録[編集]

登録名[編集]

  • 宮城 弘明 (みやぎ ひろあき、1981年 - 1987年)
  • 金 弘明 (キム・ホンミョン、1988年 - 1992年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『プロ野球人名事典2003』(2003年4月25日、日外アソシエーツ発行・紀伊國屋書店発売。編著者:森岡浩。コード:ISBN 4816917713)
  2. ^ a b c 朝日新聞、1996年7月2日付朝刊、神奈川地方面
  3. ^ 朝日新聞、1996年7月3日付朝刊、神奈川地方面
  4. ^ a b c d e 朝日新聞、1996年7月4日付朝刊、神奈川地方面
  5. ^ a b c d 朝日新聞、1996年7月5日付朝刊、神奈川地方面
  6. ^ 出自が在日コリアンであれば日本国籍でも入団可能だったため、既に日本に帰化していた石山一秀新浦壽夫が韓国球界に移籍している。
  7. ^ 2003年入来智斗山ベアーズへ入団するまでは唯一のケースであったが、韓国野球委員会の記録では日本人選手と見なしていない

関連項目[編集]