宮城県登米高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮城県登米高等学校
Miyagi prefecture Tome High School.JPG
過去の名称 宮城県登米町立実科高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮城県の旗 宮城県
学区 登米学区
理念 夢ある限り挑戦!!
校訓 「誠実」「勤勉」「進取」
設立年月日 1920年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 04128K
所在地 987-0702
宮城県登米市登米町寺池桜小路3
北緯38度39分27.7秒 東経141度16分45.8秒 / 北緯38.657694度 東経141.279389度 / 38.657694; 141.279389座標: 北緯38度39分27.7秒 東経141度16分45.8秒 / 北緯38.657694度 東経141.279389度 / 38.657694; 141.279389
外部リンク 宮城県登米高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
宮城県登米高等学校の位置(宮城県内)
宮城県登米高等学校

宮城県登米高等学校(みやぎけん とめこうとうがっこう)は、宮城県登米市登米にある県立高等学校

設置学科[編集]

  • 全日制
    • 普通科(3クラス)…文系Aコース(5教科をまんべんなく学習)、文系Bコース(英語・国語・社会科を重点的に学習、大学進学希望者向き)、理系Cコース(数学および理科を重点的に学習)

校訓[編集]

  • 「誠実」「勤勉」「進取」
教育目標
  • 生徒の志望を達成させる教育
  • 社会人として自立できる人間づくり
  • 生徒・父母・地域から信頼される学校づくり

沿革[編集]

  • 1920年大正9年) - 宮城県登米町立実科高等女学校として設立
  • 1927年(昭和2年) - 宮城県に移管され、宮城県登米高等女学校へ改称
  • 1929年昭和4年) - 現校地へ校舎を新築移転
  • 1948年(昭和23年) - 宮城県登米高等学校へ改称
  • 1949年(昭和24年) - 共学化
  • 1964年(昭和39年) - 体育館竣工、翌年に図書館改装およびテニスコート竣工
  • 1969年(昭和44年) - テニスコート移転、プール竣工
  • 1970年(昭和45年) - 創立50周年
  • 1973年(昭和48年) - 天体観測ドーム竣工
  • 1979年(昭和54年) - 木造校舎解体、翌年新校舎竣工
  • 1981年(昭和56年) - 創立60周年記念式典
  • 1985年(昭和60年) - 新体育館落成
  • 1990年平成2年) - 創立70周年記念式典
  • 1991年(平成3年) - プールろ過装置改修、2年のちにプール改修
  • 1997年(平成9年) - 機械警備開始
  • 2000年(平成12年) - 創立80周年記念・体育館へグランドピアノの寄付
  • 2015年(平成27年) - 宮城県登米総合産業高等学校開校に伴い、商業科が閉科

統合[編集]

2015年度に登米高校の商業科と上沼高校米山高校米谷工業高校を統合して新しい高校が上沼高校の敷地内に『宮城県登米総合産業高等学校』に統合された[1]

部活動[編集]

  • 運動部
    • ソフトテニス部(男女)、女子バレーボール部、バスケットボール部(男女)、陸上競技部、卓球部(男女)、硬式野球部、バドミントン部(男女)、サッカー部(男)、 カヌー部(男女)
  • 文化部
    • 美術部、茶華道部、吹奏楽部、写真部、情報文化部、軽音楽部

交通[編集]

主な卒業生[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 登米地区統合校の新設に係る校名案について - 宮城県教育委員会HP
  2. ^ 楽団員プロフィール 久保和憲 Kazunori Kubo”. 山形交響楽団. 2019年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月1日閲覧。

関連項目[編集]